TOPNEWS

2021年11月24日

木下優樹菜、炎上商法が見事大成功でニンマリ



記事本文を読む→ ranking

track.gif


芸能活動再開を宣言した木下優樹菜が11月13日、自身のYouTubeチャンネルを更新。一部週刊誌の取材に対して苦言を呈した。

木下は『週刊誌の記者を救いたい【今回の報道と今後の取材について】』というタイトルで動画をアップ。冒頭、「チョリッス!! 聞いてくれる? この間ね『FRIDAY』にね、直撃取材されたんだけどぉ」と週刊誌から取材を受けたことを明かし、車の運転中に横に並んだ車両から記者が窓越しに話しかけている動画を公開した。

「1個だけでいいので、今後のことをどう考えているのか、お話を聞かせていたただければと思って。どっか停めていただければすぐに」と話す記者に、木下は「とにかく子どものために頑張る!」と返答。「ヤバくない? 怖くね? しかも雨で視界が悪いし、すんごい追いかけてきて。友達も一緒にいたんだけど、初めての経験で『チョー怖い』ってなって。車は本当にやめてほしい」と訴えた。



木下の悲痛な訴えに、ファンからは

《さすがにこれは記者もやり過ぎだよ。運転中に危ない》
《車で追いかける取材は危険だし止めるべきだね。集中力途切れ事故に繋がる恐れがある。そりゃこんなことされたら誰だって怖いはず》
《木下さんもプライベートな時間があるんだし、無理やり追いかけるのはよくないね…》
《こういうことがあると疲れますよね。ゆっくり休んでくださいね》
《週刊誌嫌いなのでこういう動画もっと上げて欲しい! ほんとの事が知りたい》

などと、同情の声が寄せられている。



しかし一方で、木下の高圧的な態度に、ネット上では

《散々考えて、この動画を撮ろうと決めた事を考えると、かなりのエンタメセンスw》
《言葉遣いの大切さが分かる動画No. 1》
《反面教師を自ら示してくれる貴重な存在》
《この人の動画観るより、コメ読んでる方が楽しい》
《でも自分は一般人を脅迫してましたよね。特大ブーメランすぎる》
《中学校にいたヤンキーを思い出す。もう20年前か。懐かしい》

といったツッコミが相次いでいる。

「木下は現在、個人事務所で活動しているため、取材対応は自分でしなければなりません。今後のことを含め、記者に対し強い態度に出たのでしょうが、相手にしてみれば宣戦布告されたようなものでしょうね。今後、さらに取材が過熱する可能性もあると思います。ヤンキーキャラの木下が今さら言葉遣いを気にすることはないでしょうから、結局、同様の指摘が収まることはないでしょう」(芸能記者)

木下の動画は現在、22万回以上再生されているが、低評価は高評価の約6倍。騒ぎになればなるほど、木下にとってはおいしい¥況だ。一貫したスタイルでどれだけ再生数を稼げるか、これからが木下の腕の見せ所になるだろう。


動画でも芸能人の裏情報!
「芸能界の裏の顔 動画チャンネル」もよろしくお願いします
https://youtube.com/channel/UCGYGMvFbbmDaTEuQBKzpxQA


★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・
◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING
◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA


【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 07:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]