TOPNEWS

2018年12月05日

稲垣吾郎がネット動画配信トラブルで窮地に…


 テレビや新聞といった既存メディアが、なにかと遠慮がちになるのがジャニーズ事務所。そこから独立した元SMAP3人の「新しい地図」は、インターネットに活路を見出してきたはず。なのに、ネットメディアを困惑させる強引さが垣間見える一幕があった。いったん配信した稲垣吾郎(44)関連のWEB動画を取り消させていたのだ。
記事本文を読む→ ranking

track.gif

PICKUPNEWS







 11月10日、稲垣吾郎がベートーベンに扮する舞台「No.9」のゲネプロが行われた。近ごろ話題の剛力彩芽が共演するとあって、

「マスコミが押しかけたのですが、公開ゲネプロ前の囲み取材で、稲垣さんはさすがと思わせる対応ぶりを見せました」

 と、スポーツ紙の芸能担当記者は言う。

「剛力さんの交際関係については“役としての距離感を保ちたいので”とうまく受け流しました。ZOZOからの差し入れも、“まだいただいてないけど欲しいですね”とリップサービス。満点の受け答えでしたよ」

役者として大忙し
 このやりとりは順次、WEB動画ニュースサイトが取り上げ、翌11日のスポーツ各紙も載せた。

「ところが、11日以降、このWEB動画をめぐる騒動があったんです」

 そう打ち明けるのは、WEB動画ニュースの配信元の関係者である。

「稲垣さんの所属事務所が、WEB動画の配信元に緊急の連絡を入れて回りました。その内容は、“配信済みの映像を取り下げてほしい”。『ORICON NEWS』や『MANTANWEB』といった配信元は仕方なく応じたといいます」

勘違いしている?

 関係者は続ける。

「取材に行って素材を編集し、社内のしかるべき手続きを経たうえで、サイトにアップしているのです」

 配信できないなら、最初から取材になど行くまい。

「ましてや、舞台の宣伝にもなる素材を事後に取り下げさせるなんてことはなかなかありませんよ。そもそも『新しい地図』は、始動当初から『AbemaTV』で次々と番組を放送し、新曲も配信のみという具合にネットを重視してきたはず。なのにそんな依頼をするなんて、“テレビや新聞をコントロールできたジャニーズ時代の感覚なのでは”と話題になりました」

 コトの次第を稲垣の所属事務所「CULEN(カレン)」に聞くと、弁護士がこんな回答をしてきた。

「『新しい地図』としての活動をスタートした当初から、WEB媒体での動画取材及び取材した動画映像をサイト上にアップすることはお断りしております」

 これが基本方針。で、宣伝業務を担当する会社が、

「稲垣吾郎の主演舞台の主催者及び宣伝担当者側へ事前に伝えていなかったミスが原因で動画が掲載されたものであり、動画ニュースの配信元に個別に連絡をとって映像を取り下げていただくようお願いしたもの」

 だそうで、迷惑をかけたことを反省し、今後は気をつけるという。

 しかし、だ。「MANTAN」運営のWEB動画ニュースサイト。ここには、10月末、東京国際映画祭での稲垣の会見がアップされたままだし、映画祭を主催する公益財団法人に聞いても、

「なにも禁止事項の連絡はございませんでした」

 このちぐはぐな不協和音には、ベートーベンのように眉間に皺を寄せたくなる。
http://news.livedoor.com/article/detail/15682056/
★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・
◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING
◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]