TOPNEWS

2018年11月10日

いきものがかり活動再開に冷ややかな声が相次いでいる理由



昨年1月5日に「放牧宣言」として活動を休止していた3人組バンド『いきものがかり』が、結成記念日の11月3日に1年10カ月ぶりとなる活動再開を果たした。

ファンからは再復活に喜びの声が上がる一方、ネット上では冷めた反応も目立っている。
記事本文を読む→ ranking

track.gif


PICKUPNEWS







3人は活動再開となる「集牧宣言」を連名で発表し、ファンや関係者に向けたメッセージも公開。2日には『J-WAVE』で活動再開を祝したラジオ番組も放送され、来年にはファンクラブ会員限定のツアーを行うことも明かされた。

「放牧」期間中、個々の音楽活動を展開していた3人。水野良樹は『関ジャニ∞』など他アーティストの楽曲製作を手掛け、山下穂尊はエッセイ、吉岡聖恵は10月末にカバーアルバムをそれぞれリリースしていた。

次作の売上増を狙った「放牧宣言」

しかし、吉岡の出したカバーアルバムは、中島みゆきの『糸』といった名曲を歌ったものの、「ただのカラオケで舐めてんのか?って感じ」「カラオケを商売にするなよ」「薄っぺらいカバーだな」と散々な評価に。

また、活動休止期間も2年に満たない短さのため、ネット上には、

《ソロでパッとしなかったし、身の程をわきまえたんだな》
《ソロでやってもダメだったから再開したのか》
《てかソロデビューがカバーな時点で、楽曲制作はできないって言ってるようなもんだったよね》
《約2年でカバーアルバム(カラオケアルバム)1枚出しただけって、何してたの?》
《この人たちは何がしたかったんだろう》

などといった厳しい声が目立った。

一方、業界では「放牧」自体が話題作りだったとの説が強いようだ。

「いきものがかり『放牧』前最後のシングルとなった『ラストシーン/ぼくらのゆめ』は、オリコン週間シングルランキング初登場20位という“大爆死”を遂げています。そのため、活動停止で一旦話題を作り、再開後の『復活バブル』を利用しようともくろんだのでしょう。バンド再開直前というタイミングで、吉岡がカバーアルバムをリリースしたこともおかしい。ソロ活動で“各々がパワーアップする”という体裁のため、『とりあえず形として出しました』という程度でしょう」(音楽誌ライター)

晴れて集結した3人だが、以前のような活躍はできるのだろうか。
https://myjitsu.jp/archives/66320
★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・
◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING
◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | Comment(2) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女がクソ生意気で煙たがれていたバンドだろ、ADでこいつとは二度と仕事したくない奴が大勢いた。
Posted by at 2018年11月11日 03:52
要するにボーカルが身の程を弁えずにソロになったが、
鳴かず飛ばずでようやく自分の置かれた立場を知ったと
いうことだなw
Posted by at 2018年11月11日 09:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]