TOPNEWS

2018年08月08日

有村架純、女教師ドラマでのAV並みの濡れ場シーンに騒然!禁断の童貞喰いのシチュエーションに大興奮!



 有村架純(25)が、民放連ドラ初主演となる10月期『中学聖日記』(TBS系)で女教師を演じ、禁断の“童貞食い”を披露するとみられている。
記事本文を読む→ ranking

track.gif


PICKUPNEWS







 有村架純(25)が、民放連ドラ初主演となる10月期『中学聖日記』(TBS系)で女教師を演じ、禁断の“童貞食い”を披露するとみられている。
 「有村が演じるのは、婚約者がいながらも、田舎の中学校で10歳年下の中学生教え子と恋愛関係になってしまう女教師。かわかみじゅんこ氏による同名人気漫画が原作で、テーマは“禁断の恋”。有村にとって、昨年9月までヒロインを演じたNHK朝ドラ『ひよっこ』以来のドラマ出演になり、かつ、民放での単独主演は初めてという意欲作だけに、絶対コケられないのです」(TBS関係者)

 有村にとっても、TBSにとっても、成功が義務付けられた作品になるだけに、なりふり構わず“タブー濡れ場”を連発し、数字を取りにいくとみられている。
 「まだ共演者は発表されていませんが、禁断の恋を描くだけに、キスシーンやエロチックなハグは必須。さらに、濡れ場シーンもギリギリのラインまで織り込む見込みだと伝わってきます。まだ脚本は確定していませんが、キスは放課後の教室で、そして、濡れ場は有村の自宅で行われるのでは」(放送記者)

 内容が内容だけに、一歩間違えれば「児童ポルノ規制法」に抵触する疑いを掛けられるリスクすらある。
 「今のところ想定されるシーンは、有村の部屋で、中学生とハグしながらベッドに倒れ込み、いやらしくまぐわう“童貞食い”。教え子が“先生”とあえぐようにつぶやく…という感じになるのでは。また、リアリティーを出すため、有村は田舎の中学教師を思わせる、純白の下着姿も披露する可能性もある」(同)

 物語には、有村の婚約者も登場するため、こちらの濡れ場はかなりのガチになりそうだ。
 「この婚約者とは、生徒との甘い恋と対比させるがごとく、全裸混浴、濃厚濡れ場といった超過激シーンを展開するなど、AV級の演出が予想されます。相手役のキャストが誰になるか楽しみです」(前出・TBS関係者)

実はこの連ドラ、有村の所属事務所サイドによる、元カレ『Hey!Say!JUMP』岡本圭人との“復縁阻止戦略”の一環とも言われているのだ。
 「有村は、相次ぐ映画主演や、NHK紅白歌合戦2年連続紅組司会、そして朝ドラ『ひよっこ』ヒロインなど近年は超多忙。昨秋にはついに精神が不安定になり、インスタグラムに“涙がね、止まらなかったのです”と、危ないことを書き始めた。本来は仕事を減らすべきなのですが、昨年の紅白で初出場した『Hey!Say!JUMP』の岡本と運命の再会をしてしまったのをきっかけに、'13年にキス写真が流出し強制破局となった元カレ・岡本との復縁可能性が急上昇しているのです」(芸能記者)

 折しも岡本は、9月から2年間、米国の演劇学校に留学し活動休止することを6月末に発表したばかり。
 「有村の仕事を減らすと、それに乗じて米国で岡本と密会してしまう可能性が高い。それだけに有村の事務所サイドとしては、仕事を詰め込み、物理的に岡本と密会するヒマをなくすしかないのでしょう」(同)

 有村は連ドラ以外にも、9月公開予定の『コーヒーが冷めないうちに』、11月公開予定の『かぞくいろ』と、2本の主演映画を控えており、確かに男とイチャついているヒマがない。
 「でも、そんな事務所の戦略に薄々気付いている有村は、欲求不満を爆発させるように、今回のドラマでは、過激な演技を見せてくれそうですよ」(同)

 有村先生に抱かれたい!
https://wjn.jp/sp/article/detail/3376407/
★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・
◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING
◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]