TOPNEWS

2018年07月18日

成宮寛貴が芸能界に復帰できない理由



「芸能界を引退後、成宮さんはドイツやスウェーデン、オランダなど、海外を転々としています。ときどき帰国して、日本に少しの間だけ滞在することもあるようですね」(芸能プロ関係者)
記事本文を読む→ ranking

track.gif

PICKUPNEWS







成宮寛貴は'16年12月に薬物使用疑惑が報じられ、芸能界引退を発表した。

「コカインを吸引しているとされる写真が『FRIDAY』に掲載されました。成宮さんは薬物の使用を否定したものの、関係者やファンに
謝罪する声明を出して引退しました」(ワイドショー関係者)

 成宮は'02年のドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)への出演で人気となり、『相棒』(テレビ朝日系)では'12年から3年間にわたって水谷豊の
相手役を務めた。薬物疑惑が報じられた当時もドラマやCMで活躍していたが、すべて降板となった。

 引退してしばらくの間は、ひっそりと隠れるように生活していたが、昨年の夏ごろから元気な姿を見せている。

「インスタグラムで近況を公開していて、一般の人向けに公開しているアカウントのフォロワー数は50万人を超えています」(スポーツ紙記者)

 海外にいる日数のほうが多いようだが、日本が恋しいのかときどき都内に帰ってくることもあるようだ。

「昨年の秋ごろに、マンションの前で成宮さんを見ました。帽子を深くかぶってマスクをつけていましたが、すごくオーラがありましたね。その後も
何回か見かけましたが、今年の3月以降は見ていませんよ」(近隣住民)

 芸能界を引退したいま、成宮の懐事情はどうなっているのだろうか。実は、彼をサポートする仲間がいるのだ。

「新宿2丁目界隈やファッション関係に支援者が多いんです。現地では、そうした知り合いの紹介で、飲食店などで働かせてもらっているそうです。
ただ、日本人のお客さんが来るとすぐに顔がバレて続けられなくなり、苦労しているみたいですよ」(前出・芸能プロ関係者)

 日本での知名度が高い成宮が、一般の人と同じように働くのはなかなか難しいようだ。彼もそのことを自覚しているのか、最近は“本業”のほうに
シフトしようとしている。

「彼を芸能界に戻してあげようと、舞台やネット関係の会社に働きかけている人が何人かいますよ。成宮さん自身も“もう1度、日本の芸能界に戻りたい”という
思いがあるようですね」(成宮の知人)

 ただ、復帰への道筋はなかなか見えてこない。

「成宮さんは“海外にいながら、日本で存在感を示せるような仕事を持ってきてほしい”と頼んでいるそうです。しかし、そんな仕事を用意するのは簡単では
ありません。まず、テレビや舞台の仕事は無理。海外にいながらできる仕事となると、CMやネット配信などです。

 ただ、彼にはどうしてもダークなイメージがつきまとってしまうので、CMに起用したがる企業もありません。そうなると、動画などのネット関連の
仕事しかないんですよね。でも、そうした仕事を提案すると、“自分くらい知名度のある俳優がやるべき仕事ではない”などと言って断ってしまうんだとか」(同・知人)

 最近では、仲間たちから反発の声もあがっているという。

「いつまでも一流の俳優気取りなので、“もう付き合っていられない”と、みんな離れていってしまったそうです。彼の高いプライドが再スタートを阻む壁に
なっているように思えます。お金もそろそろ底をつきそうなので、かなりピンチなのではないでしょうか」(同・知人)

 成宮の支援者のひとりで、都内で会社を経営するA氏に話を聞こうと何度か電話をかけてみたが、コール音がひたすら鳴るだけで出ることはなかった。

 彼がプライドを捨て、新しい自分に生まれ変われる日は来るのだろうか……。

週刊女性
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180705-00012743-jprime-ent

★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・
◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING
◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 18:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]