TOPNEWS

2018年05月30日

クスリは抜けたのか!?酒井法子『贖罪』の現在



 “のりピー”が贖罪(しょくざい)の道を誠実に歩んでいる。女優の酒井法子(47)が有罪判決を受けたのは2009年。12年11月に芸能界に復帰し、地に足をつけた活動で徐々に仕事の幅を広げてきた。現在の様子や心境、ファンへの感謝の思い、意外なマイブームなど赤裸々に語った。
記事本文を読む→ ranking

track.gif
PICKUPNEWS





 デビュー30周年を迎えた一昨年、16年ぶりのコンサートに臨んだ。ディナーショーや地域のお祭りゲストなど、ファンとの距離が近いイベント出演にも精力的。初心を思い返しながら奮闘する日々だ。

 「デビュー当時は、そういうお仕事がたくさんあって。今また、お客さま一人ひとりの表情が見える所でやれているのは楽しいですね。この前のお祭りは子供さんが多かったので『のりピー音頭』とか、楽しんでもらえるような曲を並べたら、すっごく楽しそうに聴いてくれて。『のりピー!』なんて言ってくれて、とってもうれしかったですね」

 台湾、中国、香港などアジア圏の人気は健在。1月に香港で開いた単独コンサートのチケットは3日で完売し、現地メディアは「怪物級美魔女」と取り上げた。

 「温かいコンサートでした。ファンの方が曲ごとにやることを決めてくれていたみたいで、ライトを照らしたり、ボードを持ってくれたり。張り切りすぎたのか、3、4曲歌った頃に聞いたこともないかすれ声になってしまって申し訳ない気持ちでしたが、逆に私が力をもらったようなコンサートをさせていただきました」

 アジア友好の懸け橋として依然として大きな存在。

 「そんな大それたものはないですが、文化も言葉も違う人が音楽なりを通じて交わって、楽しい時間を過ごすっていうのはいいですよね。私が何かのためになるなら、うれしく思います」

 47歳になった今も美貌は健在。秘訣(ひけつ)は。

 「おこがましくて何も言えないですよ(笑い)。毎日、鏡の前に立つと『あちゃー』と嫌になりますが、自分を奮い立たせて頑張っています。太りそうな物は我慢しようとか、運動も自分に厳しく。週5日ぐらい、ホットヨガ、筋トレ、ダンスレッスンをやっています」

 事件から9年。今、思うこと。

 「こうして仕事をさせていただけて、本当にありがたいと思います。自分が犯したことはもちろん忘れずに、でも、ずっと立ち止まっていても何も変わらないので、前を向いてやっているつもりです」

 いまだに風当たりは強い。

 「もともと、私のやったことが原因ですから。私にはどうすることもできないし、する権利もない。私が活動していることに不愉快な思いをされる方がいても不思議ではないし、一方で応援してくださる方もいます。これは一生続くことだろうと思うので、させていただけることを一生懸命やって、応援してくださる方に少しでも喜んでいただくのが、私の生きる道なのかなと思います」

 最近は、何げない日々に幸せを感じるという。

 「何でもない日常が毎日続くってことが、ありがたいなあと思いますね。そんなふうに思うから毎朝、神棚に手を合わせたりしちゃって。『また一日を迎えさせてもらってありがとうございます』って」

 マイブームは「法話」と「寺巡り」。

 「寝る前に法話を聞くと、いい気持ちで眠れるんです。“いい人”になれた気がするっていうんですかね。時間がある時には『百寺巡礼』(五木寛之著)を読んでいます。先日は、目が覚めた時に思い立って(鎌倉の)円覚寺に行ってきました。お寺の凜(りん)とした空気感っていいですよね。昔はさっぱり分からなかったですが、厳しい規律の中での生活に、とても豊かなものが流れている感じがして、すごくすてきだなと。これから他のお寺も巡りたいなと思いますね。心を洗いに、じゃないですけど(笑い)」

 “普通”の生活が楽しい。

 「最近、28歳の女性と話す機会があったんですが、私のことをご存じない。『名前なんていうの?』『のりこって言います』『お仕事は?』『少し芸能関係を』ってやりとりが新鮮で。電車にも乗るし、自転車をこいでスーパーにも行きます。そんな中で、いきなりステージに立ったりするから、ちょっと違和感を覚えたり(笑い)」

 99年に生まれた長男も頼もしくなった。

 「この頃、なりたいと思うものを見つけたらしくて。学生の頃は、私の息子だなって感じで勉強はあまりでしたけど、やりたいことを見つけると、しっかりしてくるというか。この間、すごくうれしいことを言ってくれて。『俺が好きなことをできるのも、お母さんが頑張ってくれてるからだよね。ありがとね』って。いきなりだったから素直に喜べなくて『あんた、悪い物でも食べたんじゃない』と言っちゃったんですけど、うれしかったですね」

 新たな恋については。

 「男女が手をつないで歩いてる姿なんかを見ると『いいなぁ』とは少し思いますが、『恋愛したいな』『頑張ろう』とは思ってないですね。出会いがあれば、それはそれでいいんじゃないかなとも思いますけど。幸い、今は寂しいと思う時間が少ないのかもしれません。そのうち猫とか飼い出した頃に、また恋をしたくなるのかもしれませんね。息子が巣立ってね。なんかさみしいわ、みたいな」

 やはりステージが天職だ。

 「歌ったり演じたりっていうのはプレッシャーとの闘いだったりして『もしかして、私は歌やお芝居が好きじゃないのかな』と思う時もありました。でも、人前に立つと、やっぱり好きなのが分かる。いただいたお仕事や出会いを大事にしながら、一生懸命やっていきたいですね」

 今後への思い。

 「私が歌ったり、お芝居できたりするのは、ファンの皆さんがいてくれるから。ファンの方に『懐かしい』と思われる歌も歌いたいし『こんなこともやるの』って楽しんでもらえることもやりたい。いろんな世界に、輝いているすてきな女性っていっぱいいるじゃないですか。そういう方たちからも、いろんなものを吸収させてもらいながら、チャレンジしていこうと。やっぱり人生って“人”ですよね。出会った人を大事にできるような人でありたいなと思います」

 生まれ変わっても“酒井法子”で人生のストーリーを作っていくのだろうか。

 「同じことをやるんでなく、作りたいですね。やり直したいです。まっさらな気持ちで。一本筋の通った人生を生きたい。これまでいろんなことがありましたが、私自身としてはすごく幸せでした。でも、たくさんの方に迷惑をかけた。その方々に何ができるか、というのがこれからの大きな課題です」
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180528-OHT1T50234.html
★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・
◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING
◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]