TOPNEWS

2018年04月05日

加山雄三のクルーザー火災は放火が原因だった…!?いくつかの不審な点が…



 若大将のクルーザーが炎上して大ニュースになっている。

 加山雄三(80)がヨット好きなのは昔から有名な話。3代目の「光進丸」を1983年から静岡県西伊豆町の安良里港沖に係留していた。その光進丸が1日午後9時過ぎに炎上したのだ。
記事本文を読む→ ranking

track.gif



PICKUPNEWS






「クルーザーは104トン、全長25メートルで、地元では特段の大型船として知られていた。クルマを止めて見物する観光客もいるくらいです。40〜100メートルの沖合に係留しているため消防車の放水が届かず、可搬ポンプを1隻の船に積んでそばまで行って放水しました」(地元関係者)

 加山は1日は沖縄でコンサートに出演。2日の夜、羽田空港で会見し、「出火の原因はまだわかりません。心当たりがない」と説明した。

■「船の火災は聞いたことがない」

 専門家によると、クルーザーから出火する場合、2つの原因が考えられるという。エンジンのガソリンが気化して船内に充満し、電気系統のショートで発火するケースと電気系統の漏電だ。

「だけど、おかしい。気化したガソリンに火がついても普通は火災までいきません。漏電ならブツブツ燃えてじきに消えるものです。ところが今回の事故では『ドカーン』という爆発音を2度聞いた人がいる。そんな爆発は考えられないし、そもそも日本国内で無人のクルーザーが炎上したなんて聞いたことがありません」(船舶の専門家)

 現地で取材中の記者もこう言う。

「地元の消防や漁業関係者、観光関係者などに聞いたところ、これまで湾内で船が燃えた事故は聞いたことがないそうです。通常あり得ないことが起きた。それも加山雄三という有名人のクルーザーだったから大騒ぎになっています」

 では原因は何なのか。

「あくまでもウワサですが、放火ではないかというのです。光進丸は小舟で係留ポイントまで行って船に上がる乗船方法。事故当夜、誰かが小舟で接近し、火をつけたのではないかとの声も上がっています」(前出の記者)

 光進丸は地元の藤高造船が定期検査や修理を担当。保険にも入っていたという。何が原因で炎上したのか。捜査の進展に注目だ。
http://news.livedoor.com/article/detail/14529486/
★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・
◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | Comment(1) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
保険金目的の…。
新しいクルーザーのための資金…。
さてどれなんだろう。
Posted by at 2018年04月06日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]