TOPNEWS

2018年02月21日

ガン死だった有賀さつきアナ、最後まで病名が伏せられた理由



 元フジテレビアナウンサーでタレントの有賀さつきさん(享年52)が亡くなったのは1月30日の朝だった。死亡が報じられたのは、6日後の2月5日。病名や死因が明らかにされなかったことから、様々な憶測が飛び交ったほどだった。
記事本文を読む→ ranking

track.gif



PICKUPNEWS





元フジテレビアナウンサーでタレントの有賀さつきさん(享年52)が亡くなったのは1月30日の朝だった。死亡が報じられたのは、6日後の2月5日。病名や死因が明らかにされなかったことから、様々な憶測が飛び交ったほどだった。

「2月6日に、父の洋さんが報道陣の取材に応じてくれました。その時点では、洋さんもさつきさんの遺志もあり死因を聞かされていなかったそうです」(ワイドショー関係者)

 洋さんによると、有賀さんは1月中旬に体調を崩して入院。その後、容体が悪化し、30日の午前8時頃、病院から死去の連絡が入った。洋さんだけでなく、元夫で、当時フジテレビ解説委員、和田圭氏(65)との間に生まれた中3の娘(15)も、看取ることはできなかったという。

「病名は本人の強い希望で家族にも伏せられていたそうです。亡くなる3日前に洋さんが見舞った時は、食欲がなく点滴を受けていたものの元気な様子だったそうです。葬儀・告別式は2月1日に密葬で営まれました」(前出・ワイドショー関係者)

 死因は、乳ガンだったと見られるが、有賀さんは昨年2月、自身のブログで〈ずいぶん私も病んでいました〉と闘病をにおわせていた。激痩せぶりとカツラ着用が一部で話題となったこともある。

「実際には、外科手術が厳しいので抗ガン剤治療をしていたそうです」(芸能記者)

 だが、有賀さん本人は「ダイエット中」と説明。周囲にもガンについては一切説明しなかったばかりか、闘病中であることも内緒にして、気を遣わせない配慮を見せていたという。

 有賀さんは1988年にフジテレビ入社。同期アナの八木亜希子(52)=現フリー=、大相撲・貴乃花親方の夫人となった花田(旧姓・河野)景子さん(53)とともに「花の三人娘」と称され、主としてバラエティー番組で活躍。有賀さんの7年先輩に当たる元フジテレビアナウンサーの山中秀樹氏は言う。

「3人セットで積極的に売り出したことから、“女子アナブーム”が起きました。そのブームに乗って3人ともあっという間に売れていった。同期の八木は周囲との接し方や、仕事への取り組みがとても慎重でした。一方の有賀は幼少期を海外で過ごしたせいか、わりとはっきりモノを言うタイプで、仕事に関しても『来たものはとりあえずやってみよう』というところがありました」
http://news.livedoor.com/article/detail/14313714/
★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA


【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]