TOPNEWS

2017年12月08日

西内まりや懺悔のDカップヘアヌードで再起へ…



仕事面での先行きは極めて厳しい。
 「代理人を通じて、来年3月31日以降の契約更新をしない旨の通知書を送っていま…
記事本文を読む→ ranking

track.gif
PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


 西内まりや(23)が突如“爆発”したのは10月3日のこと。
 「西内と社長のいる応接室から突然“バチ〜ン”という大きな衝撃音が響き渡り、その直後、彼女が興奮状態で部屋から出てきたというものでした」(芸能レポーター)

 そして西内は、社員たちの前で、こう絶叫した。
 「もう我慢できないっ!」
 「私はアンタたちのためにこんなに頑張っているのに何で認めてくれないのっ!」
 「私の心を返してっ! もう死んでやるっ!」

 泣きすぎて過呼吸になった西内のため、急いで医師が呼ばれたという。
 「社長は左手で顔面を押さえ、苦痛に顔を歪めながら応接室から出てきたそうです。彼も有力プロダクション社長としての面子があるし、修復はかなり難しいと思います」(芸能関係者)

 11月16日発売の“文春砲”によって明らかになった、西内まりや(23)による“所属事務所ビンタ騒動”。
 「今もって関係者には、きつく“かん口令”が敷かれています」(ワイドショー関係者)

 実は、この1年ほど、関係者の間では西内の“不安定さ”が囁かれていた。
 「1月にあった、彼女がヒロインを務めた連ドラ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)の制作発表会でのことでした。会の開始が15分ほど遅れたのですが、この時も彼女は不安に駆られて過呼吸になってしまったのです。なにせ、収録スタート直前までキャストが決まらなかったし、“月9ドラマ”の主演ということで、相当なプレッシャーを感じていました。もっとも、成功していれば、何の問題もなかったんですけどね」(テレビ局関係者)

 しかし、西内の不安は的中。視聴率は平均6.7%と“月9”史上最低の記録を作ってしまったのだ。
 「5月に福岡で、『西内まりや観戦ツアー』という福岡ソフトバンクホークスがらみのイベントの予定がありましたが、前日、彼女の“やりたくない”のひと言でドタキャンとなりました」(イベント関係者)

 不信が募った最大の原因は、所属事務所との方向性の違いだ。
 「安室奈美恵に憧れて芸能界に入った西内は、歌手活動に専念したいのが本音なんです。さらに男問題で葛藤しました。“恋禁止命令”は、肉食系の彼女には、とても堪えたようです」(音楽関係者)

 これまで、城田優や山田涼介らと浮名を流してきた西内。今の恋人は、イケメンモデルの呂敏だ。
 「もうラブラブで、いつも彼女のそばにいるって感じです」(モデル関係者)

 しかし、仕事面での先行きは極めて厳しい。
 「代理人を通じて、来年3月31日以降の契約更新をしない旨の通知書を送っていますから、独立するしかない。他の事務所も助けてくれないでしょうから、ここは“裸一貫”、ヘアヌードで出直すしかありません。本人もヤル気はあるということですし、“隠れDカップ”を大いに見せつけて欲しいものです」(芸能関係者)
http://wjn.jp/sp/article/detail/0382705/
★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



話題の注目記事

Powered By 画RSS