TOPNEWS

2017年11月30日

篠原涼子がフジテレビに激怒で絶縁宣言!




「とにかく怒り心頭なのが、篠原サイド。6月時点で篠原主演の市長モノなどと内容からキャスティングまで情報が流出してしまい、フジの情報管理体制に疑心暗鬼になっていた。おまけに放送後も…
記事本文を読む→ ranking

track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


折り返し地点を過ぎても一向に盛り上がらないといえば、フジテレビのドラマだ。10月期のGP帯ドラマは全3本、いずれも初回から一度も視聴率10%を超えられず、1ケタ止まりのチョー低空飛行。他局との差は広がるばかり、打ち切り寸前の危険水域をさまよう事態となっている。

 割を食ったのは主演女優の2人。「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」(月曜21時)の篠原涼子(44)と、「明日の約束」(火曜21時)の井上真央(30)である。

「いくら主演級の女優とはいえ、一寸先は闇。作品一本ごとがこけられない真剣勝負です。イメージ商売ゆえ、低視聴率でミソがつけば女優としての“商品価値”も下がってしまう。何をやっても裏目に出てしまうお台場のドラマだけに篠原も井上もババを引かされちゃった感がある」(民放キー局関係者)と、同情の声が集まっている。
 だが、黙って低視聴率女優の汚名を甘受するほどヤワじゃない。2人揃ってフジ離れに踏み切ったともっぱらだ。さる芸能プロ関係者の話。

「とにかく怒り心頭なのが、篠原サイド。6月時点で篠原主演の市長モノなどと内容からキャスティングまで情報が流出してしまい、フジの情報管理体制に疑心暗鬼になっていた。おまけに放送後も宣伝のバックアップもなければ、総選挙にブチ当たり放送日が遅れ、運からも見放された。当たり役である『アンフェア』の続編含め“金輪際、フジはやらない”と絶縁宣言をつきつけたそう。そして早くも、『アンフェア』に並ぶ代表作である『ハケンの品格』(日本テレビ系)の続編を交渉材料に汐留の方へ営業をかけ始めています」

 とってつけたかのようにフジは27日、共演者で今をときめく高橋一生(36)のクランクアップ情報を流したが時すでに遅しか。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/218452/2
★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]