TOPNEWS

2017年11月27日

柴咲コウがブチ切れでイベントをドタキャン!スタッフの不手際に不機嫌になり…





放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に主演している女優の柴咲コウが、今月9日に東京・渋谷ヒカリエで行われたクリスマスツリーの点灯式のスタッフの不手際により、予定されていたイベント後の取材をドタキャ…
記事本文を読む→ ranking

track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に主演している女優の柴咲コウが、今月9日に東京・渋谷ヒカリエで行われたクリスマスツリーの点灯式のスタッフの不手際により、予定されていたイベント後の取材をドタキャンしていたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 同イベントを報じた記事によると、柴咲はクリスマスをイメージした衣装で登場。カウントダウンに合わせて点灯台のスイッチを押すも、すぐには点灯せず、しばらくたってからツリーが輝き出したという。

 思わぬハプニングだったが、柴咲は「ちょっと(光が)つくのが遅れちゃいましたね」と苦笑。会場周辺の観客に笑顔で手を振るなど、冷静に対応して周りを和ませたというのだが…。

 同誌によると、点灯式後のフォトセッションで、通常、こういう場合は目線を指示する“仕切り役”がいるが、この日はおらず、柴咲は寒空で生足を出したまま目線をさまよわせて、顔を引きつらせていたという。その後、再度、写真撮影が行われたというが、そこで柴咲は“プッツン”。

 その後、個別取材の予定があったというが、柴咲はドタキャン。事務所とイベント会社は関係先に平謝りだったというのだ。同誌に対し、柴咲の個人事務所は柴咲が“プッツン”したことを否定し、フォローしていたという。

「若いころから、柴咲はかなり気難しい性格であることが知られている。一時期は、所属事務所からの独立を画策。思いとどまったものの、窓口になっているのは個人事務所で、周囲を“イエスマン”で固めているので、まさに“城主”のような扱いで、周囲も柴咲の顔色をうかがってピリピリしているはず。当日、事務所スタッフは戦々恐々だったはず」(芸能プロ関係者)

 今後、柴咲をイベントに呼ぶ際は、機嫌を損ねないように細心の注意を払った方が良さそうだ。
http://wjn.jp/sp/article/detail/8654616/
★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]