TOPNEWS

2017年11月24日

『陸王』の小藪に批判殺到!好調ドラマの足を引っ張る存在に…





好調な陸王の中で反発をかったのがアトランティス社長に腰巾着のようにいつもくっついているだけの社員・佐山淳司を演じている芸人の小籔千豊だ。
 アトランティス社長を演じるピエール瀧も、今作品では小藪同様に一貫して悪役に徹しているが、その違いは……
記事本文を読む→ ranking

track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


一方、反発をかったのがアトランティス社長に腰巾着のようにいつもくっついているだけの社員・佐山淳司を演じている芸人の小籔千豊だ。
 アトランティス社長を演じるピエール瀧も、今作品では小藪同様に一貫して悪役に徹しているが、その違いは小原社長が「会社を守る立場」として意見しているのに対し、佐山は「自分を守る立場」としての意見しかしていない……という部分なのだろう。

 またドラマ当初から、「演技派俳優の中に小藪を入れるな!」と不評だったが、最近では「腹立つ!」「顔を見るだけでムカつく」との声が多数。小藪と言えば、人を見下したような物言いが特徴の毒舌キャラだが、その本人のキャラが今回の役柄と似たようなものであることも、酷評に繋がっているように思う。つまり、役作りせずに「そのままのキャラなのでは?」と思わせるところが、「小藪が腹立つ」ということにつながるのではないだろうか。

 とはいえ、悪役を演じる俳優は視聴者に嫌われてこそ“勝ち”だという意見もある。ということは、そう思わせる演技をしている小藪がスゴイのか、はたまたそのままの姿で悪役になれると踏んでキャスティングした制作側がさすがなのか。判断がつきかねるところだが、小藪の嫌われぶりが『陸王』ではいい感じに作用しているといえそう。

 いよいよ本格的に始動しはじめた「陸王チーム」だが、会社の工場に石が投げ込まれていたり、怪しい人物が周りをうろついていたりと、一筋縄ではいかなさそうな雰囲気。この不穏な状況の中、宮沢社長ひきいるこはぜ屋はどう立ち向かっていくのか? 既視感たっぷりなのに、なぜか見入ってしまう同作品。どう転んでどう起き上がっていくのか、まだまだ見放せない展開がたっぷり残っていそうだ。
http://biz-journal.jp/2017/11/post_21339_2.html
★【フェラ流出】西野七瀬、フェラチオ画像流出…ホクロで完全一致、乃木坂ヲタが発狂…
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【ポロリ事故】AKB未成年メンバーが乳輪ポロリ…
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★西内まりやがヌード公開!
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★【驚愕】同級生男女5人で行った混浴で水着NGだと分かった結果・・・・・・・・・・


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 12:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]