TOPNEWS

2017年10月23日

失敗しないはずが…米倉涼子がドクターX第二話でしでかした「ありえない失敗」



記事本文を読む→ ranking

track.gif
PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


ドラマ『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)の第2話で、医学の世界ではありえない執刀が行われた。

10月19日に放送された第2話では、新人医師の伊東亮治(野村周平)の母親が、進行胆のうがん肉腫になっていることが発覚する。海老名敬(遠藤憲一)からオペプランが説明されるが、大門未知子(米倉涼子)は異議を唱え、海老名のプランでは根治できないと言う。伊東も大門の意見に同意し、別の手術方法を提案。その伊東のプランは医師たちを驚かせるものだったが、大門は伊東のオペプランに同意した。

そこへ蛭間重勝院長(西田敏行)が訪れ、伊東に母親の手術を執刀するように告げた。伊東のように、20代でこういった症例の手術を執刀した実績はなく、成功すれば世界初となるような手術であるため、ほかの医師たちは無謀だと抗議する。だが蛭間は「この病院の院長の命令と受け取って下さい」と言うと、反対していた医師たちは意見を翻し、「伊東くんでいいです」と引き下がった。

このやりとりに関して、医学関係者は次のように言う。

「肉親を執刀するなんてありえません。変に感情がぶれたりするため、肉親の執刀は真っ先に避けるのが医学界の常識です。しかし、ドラマ上では院長自らが執刀するように伊東に促している。見ていて驚きました」

伊東の母親の不二子は手術前の同意書へのサインを一度は拒否するが、最終的に伊東が母親の手術を担当することになる。しかし、伊東は手術中にピンチに陥り、「これは想定外だったんです…」と言いながら、大門と手術を交代。大門は原因を見つけだし、手術を成功へ導いた。

「ドラマを見ての通り、トラブルでうろたえてしまうのが身内の執刀です。こうしたことを避けるために身内の執刀はしないことになっているのに、このドラマは医学監修はきちんとできているかどうか、心配になります」(同・関係者)

スリリングな場面を演出するために、リアルさが損なわれてしまったようだ。
https://myjitsu.jp/archives/34488
★高橋しょう子、無修正マ○コ画像2枚流出…雑誌掲載の修正前の画像がネットで拡散
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★美人モデルのエロ過ぎる温泉入浴動画
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★高橋しょう子、無修正マンコ画像2枚流出…雑誌掲載の修正前の画像がネットで拡散…
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★胸の大きい女の子のキャミソール姿が限界突破!最高に魅力的!
★人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING
★芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 18:00 | Comment(2) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドラマなんだから
マジ要素入れろって笑笑
Posted by at 2017年10月23日 21:36
すべてのマスメディアが発信するコンテンツには
社会をミスリードしないよう配慮するという大前提がある
言ってみれば目には見えないが鋼鉄の掟だよ
特にテレ朝のドラマには物語を盛り上げたいためのこういう
脚本や演出が多過ぎる
視聴者は気付いてないと未だに思ってるんだろうか
Posted by at 2017年10月23日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]