TOPNEWS

2017年08月27日

木村拓哉が本格的にヤバい!ここまで堕ちたかつてのカリスマ!



記事本文を読む→ ranking

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS



 木村拓哉(44)が8月2日の『マジガチランキング』(AbemaTV)で10代の男女が選ぶ「父親にしたくないタレント」の4位に選ばれ、業界関係者に波紋を呼んでいる。

 番組によると、木村は1位の坂上忍(50)、2位の梅沢富美男(66)、3位の石田純一(63)に続くという不名誉な順位。あとにも5位小出恵介(33)、6位渡辺謙(57)と周りは”お騒がせタレント”ばかりという結果に。SMAP解散騒動以後、何かと風当たりの強かった木村だが、『週刊女性』(8月1日号/主婦と生活社)の「抱かれたい男グランプリ2017」で1位の斎藤工(35)らに水を開けられたものの4位に留まっていた。ある映画関係者は「大きな調査ではないが」と前置きした上で「この数字はリアル」ゆえに深刻だという。

「同番組はカンニング竹山(46)が司会のランキング番組で”大人の事情で操作されたマスコミ情報”へのアンチを謳っている。芸能界と利害関係の薄いAbemaTVとあって集計自体はタイトル通りの”ガチ”。民放バラエティ番組では”天下のキムタク様”と持ち上げられて出演してますが、今後中心的な視聴層となるT層(13〜19歳の男女)の子どもたちは木村拓哉のことを、”お騒がせおじさんタレント”という認識で見ている可能性が浮き彫りになった。地上波ではとても放送できない衝撃的なランキングです」

 ちなみに木村は「父親にしたいランキング」でも20位にすら入っていない。木村の全盛期を知る世代では人気を維持しているが、ティーンにとってはSMAP騒動で叩かれている印象しかないのか。キャスティングに携わる別のドラマ関係者は、今後のキムタクの「立ち位置」にも厳しい予想をしている。

「ジャニーズは高齢化したタレントの売り方を模索しており、実年齢に見合った役柄を手探りで試みている。木村も例外ではなく、『アイムホーム』(テレビ朝日系)で父親役をやっていましたが”生活感がない”と批判を受けて以来、家庭臭がする役柄は避けてきた。木村は今後も、支持世代に向けた”万年青年役”を演じざるを得ないでしょう」

 実生活では良きパパのキムタクだが、そうした姿を世間に受け入れてもらえないのは辛いところ。木村は今、大きな壁を迎えているといえそうだ。
http://dailynewsonline.jp/article/1347269/
★ノーパンで街を歩いた女の末路!突風が吹いてとんでもない事にwwww
★テレビが封印する芸能人のヤバい事件史(最終スクープ編!)
★【最新画像】清原和博さんの現在…もはや別人
実録! わたしがAVに出演した理由地獄を見た女たちの現場 [ 水槻れん ]
★【画像】イッテQ!の女性タレントK、全裸混浴写真流出!問題の画像がコチラ
★芸能界「怖い」事件史完全保存版
★今後AVで禁止になること一覧



◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 18:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]