TOPNEWS

2017年08月25日

『芸能事務所に自殺寸前まで追い込まれた』夢を潰されたモデルの衝撃告発!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

芸能界 ~闇の真相~ [DVD]
価格:606円(税込、送料別) (2017/8/24時点)



記事本文を読む→ ranking

track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


 ここ数年、契約をめぐる芸能人と事務所とのトラブルが次々と表面化し、社会問題となっている。問題解決へ向けて、行政も黙ってはいない。7月、公正取引委員会が芸能事務所の調査を始めたと報じられ、8月には公正取引委員会の有識者検討会が議論を始めた。そこでは、芸能人やスポーツ選手が移籍・独立するにあたり、独禁法上の問題となる契約や慣習がないか論じられている。契約や慣習が適正化されるのは、まだ先のことになるだろうが、いまも毎日、その理不尽な掟に振り回される人が大勢いる。ライターの森鷹久氏が、事務所によって自殺直前までに追い込まれながら、なんとか立ち直った女性モデルについてリポートする。

 * * *
 最近では人気タレントのローラさんが、昨年には能年玲奈こと女優の「のん」さんが、所属事務所とのトラブルが報じられ、のんさんなどは一時、芸能の仕事がまったくないという事態が起きた。都市伝説的に「怖い世界」だと囁かれてきた芸能界事情は、一般人が想像するよりもはるかに「ブラック」で、ついに公正取引委員会が、芸能界のみで通用し黙認されてきた、事務所に有利すぎる実態の調査にも乗り出すという。

 某大手事務所傘下のプロダクションに所属するモデルの夢香さん(仮名・27歳)も、前所属事務所からのありえない要求を我慢し続けた挙句、順調だったモデル活動に狂いが生じ、ほとんど自殺の直前まで追い込まれた過去がある。

「友人といったファッションショーの帰り道で、前所属事務所のスカウトに声をかけられたのがきっかけです。小さなプロダクションでしたが、ViViやCanCamなどの赤文字系雑誌読者モデルも何人か所属していることも知っていました。元々モデルに興味があった私は、翌日には両親を説得し、事務所に所属することに決めたんです」

 身長は170センチ近くあり、休日の原宿や渋谷を歩けば、必ずスカウトに声をかけられたという夢香さん。「素材」としても抜群だった為か、所属してすぐにチョイ役ではあったが、雑誌の仕事が舞い込んできた。最初の撮影では拘束5時間で、収入は五千円ほどだった。事前に簡単なポージングや表情作りの研修を受けていたものの、汗びっしょりになりながら、なんとか撮影を終えた。

「やっと、本当の”モデル”になったんだと感激でした。メイク企画にも呼ばれるようになり、モデルとしての仕事が増えてくると、本業だった化粧品販売員の仕事を辞めざるを得なくなりました。今思えば、これがすべての間違いだったのかもしれません。私は騙されもしましたが、自分自身が少し調子に乗りすぎていたのではないかとも思うんです」

 週に3〜4日も撮影に呼ばれていては、日中の仕事は出来るわけがなかった。正式な契約を結び、事務所からは固定給をもらうようにもなっていたが、その額たった10万円。実家暮らしだからよかったものの、満足な暮らしは出来なかった。そのような生活が半年ほど続き、夢香さんは事務所社長からの直接指示で様々なことをやらされるようになった。

「撮影会のモデルをやらされました。水着はNGだと契約していたはずなのに、水着を強要されました。干されるのが嫌で断れず受け入れると、ナイトクラブでのコンパニオンや、社長の友人達が開催するパーティーで下着になり踊らされたりもしました」

 当初の想定と、さらには契約内容とも違うことをやらされ続けた夢香さんは、所属してから一年経ったある日、社長に直談判した。

「もう出来ないと、はっきり言いました。ただ、社長にも感謝している部分はあったので、泣きながらお礼を言って、事務所を離れたいと伝えたんです」

 黙って聞いていた社長だが、突然ソファから立ち上がると、目の前の机を思い切り蹴り上げ、夢香さんに向かって「おめえみてえなクソ女に仕事を取ってきたのは誰だと思ってんだ、調子に乗んな」と恫喝した。一時間ほど罵詈雑言を浴びされた夢香さんは、その場から立ち上がれないほどのショックを受けたが、社長は夢香さんの肩をそっと抱き「言いすぎた、お前の力が必要だから。明日から会社の寮に住まわせてやる」と目に涙を浮かべて訴えたのだという。

「今考えれば典型的なDV男です。その後、パチンコ店でのキャンペーンガールなどもやらされ、仕事は倍増しましたが、給料は半分に減らされました。文句を言うと、頭を叩かれたり髪の毛を引っ張られたり、胸ぐらを掴まれるようなこともあった。少しでもやる気のない態度を見せると、契約の解除だとか、解除するには違約金がかかるとか、様々な言葉で脅されました。親にも電話をしていたようですが、私が親と連絡を取ることは許されません。間もなく、社長と肉体関係をもつようにもなりました」

 そのうち「着エロ」と呼ばれる、きわどい撮影にも呼ばれるようになり、日に日に疲弊していった夢香さんだが、社長から毎日呼び出される日々が続いた。それこそ早朝4時であっても寮に乗り込んできて、性交渉の相手をさせられた。夢香さんは自身が壊れていくのがわかった。

「すでに睡眠薬がないと眠れないようになり、お酒の量も増え、体重が極端に増えたり減ったりしました。ぼーっとしていると涙が流れていたり…。でも、知人関係は社長に切られて誰にも相談できず、気がついたときには寮の部屋で睡眠薬を大量に飲んで倒れていました」

 入院中の夢香さんの元に、一度だけ社長が見舞いに来たというが、実情を知って怒りに打ち震える母親の目の前で「あなたの娘さんのせいで、仕事に穴が開いたり大変な状況だ。損害金を支払って欲しい」と、平然と言ってのけたという。

「家族まで巻き込んで、本当に許せないと思いました。いけないとは思いながらも、モデル活動をしていて知り合った、反社会勢力とも関係のある知人に相談し、話をまとめてもらったのです」

 夢香さんが相談した相手は、暴力団員ではなかったが、いくつかの暴力団体関係者とも親しく、芸能界で一定の力を持つ男性だった。男性が社長に電話を一本入れると、社長からの恫喝めいたメールや電話はピタリと止んだ。止んだのはよかったが、社長はすでに、夢香さんの夢を潰すために、あらゆる手を尽くしていたのだ。

「私が覚せい剤中毒者で、男にだらしがないなどと、雑誌の編集部やモデル仲間、広告代理店関係者などに社長が触れ回っていたのです。その後、現在の事務所に所属するようになって、マネージャーが苦情を入れると、その嫌がらせもピタリと止みました。でも、悪い噂は出回るのが早く、ほとんど仕事が来ることはありませんでした」

 インターネットの掲示板には、社長や社長の関係者が書いたと思われる、夢香さんについての虚偽の情報や、夢香さんの人格を否定するような書き込みが今も残っている。雰囲気を変え、名前も変えてやっとモデルとしての再出発できる兆しが見えてきた夢香さんは、同じような被害に遭う女性が増えないようにと訴える。

「私には夢がありました。でも、人格を否定され、奴隷のようになってまで夢を追う必要はありません。道はいくらでもあるし、体を壊してまで続けてはダメです。正しいと思ったことをやるべきです」

 芸能界に生き残るために、そして潜りこむためには「汚いことをしなければならない」といった間違った認識も、若い女性の間に蔓延しているような向きさえある。芸能界は怖くて汚くて当然、だから自分も汚れてしまうしかない、そう思う芸能志望の女性がいるとしたら、一刻も早く考えを改めるべきだ。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13471929/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 13:00 | Comment(1) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
”私が覚せい剤中毒者で、男にだらしがないなどと、雑誌の編集部やモデル仲間、広告代理店関係者などに社長が触れ回っていたのです”

周防郁雄が広末涼子相手にやってたことそのまんまやがな。どうせその時と同じ奴らだろ
Posted by ささ at 2017年08月25日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]