TOPNEWS

2017年06月14日

藤森慎吾のテレビで放送できないガチ武勇伝




記事本文を読む→ ranking

track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


9日放送の「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)で、元プロレスラー・前田日明氏の放送できない「武勇伝」に規制音が施された。

番組終盤、オリエンタルラジオ・藤森慎吾が持ちネタ「武勇伝」を披露することになった。
しかし、相方の中田敦彦は番組に不在だったため、司会の有田哲平は代わりに元レスラーの前田氏をセッティングしたのだ。

スタジオでは、緊張に表情を一変させる藤森と前田氏で、武勇伝のネタが披露されることになった。
ソファに座る前田氏に、藤森はネタ振りを始める。

これに、前田氏は「高校時代、空手の路上教習と称して、○○○からバッチを取りました」と、ガチな武勇伝を明かす。
肝心の部分は「バキューン!」と銃声で規制音が被さった。

藤森は「ダメダメ…」と顔を曇らせと、前田氏は「まだあるよ?」と続け「えー、代官山鎗ヶ崎交差点で深夜2時。交差点を占拠している○○○をシバきました」と、規制音混じりに打ち明けた。
スタジオが騒然となる中、藤森は「ダメだよー!」と、前田氏のそばに座り込むと「前田さんは、僕らのネタを勘違いされてる…!」と、声を絞り出し有田ら出演者から爆笑を誘っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13183325/



◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



話題の注目記事

Powered By 画RSS