TOPNEWS

2017年02月14日

深津絵里に大ブーイング!出演映画のPRに全く協力せず、事務所も『連絡取れない』と完全無視!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(ハル) [ 深津絵里 ]
価格:3693円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)




記事本文を読む→ ranking

track.gif
PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「とにかく今は“無事に公開を迎えられてよかった”の一言ですよ。撮影中はもちろん、番宣もなかなかうまくいきませんでしたからね」(映画スタッフ)
 2月11日、矢口史靖監督の最新作『サバイバルファミリー』が公開された。
「主演は小日向文世さん、その妻役に深津絵里さんと、演技派2人がそろいました。脇にも時任三郎さんや宅麻伸さん、渡辺えりさん、柄本明さんなど、日本映画界を代表するそうそうたるメンバーが矢口監督の下に集まりました。ヒット作を連発している矢口監督の久々の作品だけに、製作のフジテレビも相当期待しているようです」(芸能事務所関係者)
 それだけに事前の番宣が大事になってくるのだが、ヒロイン役の深津絵里が非協力的だったというのだ。
「本作の製作はフジテレビ。最近は局の垣根を越えて番宣できるようになってきたのはいいのですが、他局だといろいろな制約が出てきてしまうんです。たとえば、一度映画や舞台の宣伝をした人は、1年間はほかの番宣で出られないとか。今回も小日向さんがいくつかそういった制約に引っかかって、代わりに深津さんサイドにお願いをしたのですが、担当者レベルで無下に断られたそうです」(テレビ局関係者)
 焦ったフジテレビは、深津と懇意のプロデューサーが直接連絡を取ろうと試みたという。
「すると、深津さんが所属するアミューズからは『それはやめてくれ』と横やりが入ったそうです。そもそもマネジャーが『深津と連絡が取れないので、できません』という返事をしたから、製作側としても困ってプロデューサーに相談したという経緯がありますからね。深津さんが悪いのか事務所が悪いのかはわかりませんが、もし映画がコケたら深津さんのせいになりそうですよ」(フジテレビ関係者)
 深津にとって、まさに“サバイバル”な船出になりそうだ。
http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20170213_931201?ptadid=


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 15:00 | Comment(1) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
制作サイドの頭がおかしい
Posted by at 2017年02月14日 16:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]




話題の注目記事

Powered By 画RSS