TOPNEWS

2017年01月12日

小室哲哉が宇多田ヒカルに味わった敗北感…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fantome [ 宇多田ヒカル ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/1/11時点)




記事本文を読む→ ranking

track.gif
PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


10日放送の「マツコの知らない世界 2時間スペシャル」(TBS系)で、音楽プロデューサーの小室哲哉が、宇多田ヒカルについて語った。

番組では「マツコの知らない小室プロデュースの世界」と題して、ゲストの小室が、自身のプロデュースした楽曲のヒットの理由や、アーティストにまつわるエピソードを披露した。

その中で「小室哲哉に引退を考えさせたアーティスト」と題したテーマで小室は、宇多田の名前をあげた。1990年代後半に入り、曲作りに追い込まれていたという小室は、宇多田の「Automatic」に「新しいな!」と感じたのだという。

小室は「Automatic」のPVで、宇多田が低い姿勢で歌い続けていることに驚き、さらに「ネイティブっていうか、生まれたときから英語(で会話をしている)っていうのも聞いて、『あぁもう、これは敵わないな』」と思ったそう。

また、「Automatic」の歌詞を何度も追いかけたが、理解できなかったという小室は、「それくらい作詞の概念も変えられたてしまった」という。

小室は「とにかく、僕には『Automatic』っていうのは出てこなかった」「(発想が)出ないってこと自体、クリエイター側からすると『出てこないんだ…自分は…』」とショックを受けるとともに、大きな敗北感を抱いていたことを明かしたのだ。

さらに、宇多田の詞のハメ方や、ラジオでの自由なトークなども含め「いいなあ〜」「こんな好きしゃべっていいんだ」と、羨んだことを明かしつつ「大人になってから、この業界に入ってから、これほど『やられた感』はない」と、笑顔で語っていた。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12521811/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 20:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]