TOPNEWS

2017年01月11日

衝撃のトランプ大統領暗殺計画!テロリストがすでに米軍に潜入、闇サイトでは資金集めも…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トランプ大統領とアメリカの真実 [ 副島隆彦 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/1/10時点)




記事本文を読む→ ranking

track.gif
PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


 2017年は、ドナルド・トランプ大統領誕生で、世界はどのように変わってゆくのか。作家の落合信彦氏が、選挙中から繰り返しトランプ氏が批判していたイスラム教徒、特にISとの戦いについて予想する。

 * * *
 トランプは選挙中からイスラム教徒に対する批判を繰り返し、特に「ISとは全面的に戦う」と言い続けている。

 新政権の国防長官には、湾岸戦争やアフガン戦争、イラク戦争などで実戦経験がある元中央軍司令官のジェームズ・マティスが指名された。彼は米軍の中でも「反IS」の急先鋒として知られる。

 こんな状況では、ISも黙っていない。アメリカ国内に入り込んでいるテロリストたちが、「トランプを消せ!」と一斉に立ち上がる可能性が高い。私が聞いた情報によれば、ISの思想に染まった者が米軍の中に潜入しているという。

 すでに、特殊な方法でしかアクセスできない「ダークウェブ」にあるインターネット闇サイトが、トランプと次期副大統領・ペンスの「暗殺計画」に対して資金集めを開始していることが明らかになっている。

 そのサイトの名は、「Terminating Donald Trump」。“トランプを終わらせる”という意味だ。暗殺計画実行のために仮想通貨であるビットコインの寄付を募るもので、12月中旬時点で約9万ドル分(約1000万円)ものビットコインの寄付が集まっていた。

 トランプが滞在する58階建ての「トランプ・タワー」周辺では、厳重な警備が行われている。ニューヨーク市は24時間体制でトランプ・タワーがあるマンハッタンの5番街の警備を強化しており、ニューヨーク市長が連邦政府に「3500万ドル(約40億円)」の警備費用負担を求めたほどだ。

 トランプ本人を殺害しなくとも、トランプ・タワーの一角を爆弾で爆破するだけでテロリストにとっては十二分なアピールになるし、9.11の時のように空港や鉄道などの警備が極端に強化されれば、都市機能の麻痺にもつながる。世界経済にも甚大な影響が出るはずだ。

 もしトランプ・タワーに何らかの被害があれば、あの暴言男は頭に血が上って「ISは絶対に許さない。全力で殲滅する!」などとヒートアップするだろう。そうなればISの思う壺だ。ますますテロリストを燃え上がらせることになる。アメリカでテロが頻発する事態になりかねないのだ。
http://getnews.jp/archives/1591064


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA

【一般ニュースの最新記事】
posted by makoto at 12:00 | Comment(0) | 一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



話題の注目記事

Powered By 画RSS