TOPNEWS

2016年12月13日

成宮寛貴の引退を事務所が引き止めなかった理由

 

薬物検査では陰性だったと主張しながらも、成宮寛貴の引退を発表した所属事務所。
事務所のエースであるはずの成宮の引退をなぜ、こんなにもすんなりと事務所は認めたのだろうか。
その背景にはこんな事情が…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「所属芸能事務所が『薬物検査は陰性だった』としながらも、成宮の芸能界からの引退を受け入れたのは、彼を切ることでほかの所属俳優を守るためです。松坂桃李、菅田将暉といった有望な若手の俳優が所属している芸能事務所としては、万が一にも彼らにスキャンダルが飛び火することがあってはなりません」(某芸能事務所幹部)

要するに、リスクマネジメントの観点で、成宮は不用であるという断を下したのだろう。しかし、それは薬物疑惑ではなく、成宮が引退を発表した声明のなかで、自らも認めていた“セクシャリティ”が問題だった。

新宿2丁目に30年以上通っているという民放テレビ局のプロデューサーは、「2丁目で遊んだことがない芸能人なんて一人もいません。しかし、自分から『2丁目の住人だ』と認めた芸能人も一人もいません」と、成宮の告白に首を捻る。その上で、次のように続ける。

「自分がゲイであることを認めているおネエ系のタレント以外、男色趣味をカミングアウトして得することはありません。例えば、ミュージカル俳優としての顔も持つベテラン俳優のFは、普段からおネエ言葉で話していますが、世間的にはゲイであることは一切知られていません。強面で二枚目の彼が柳腰で歩いている姿は、誰も想像すらできないでしょう」

自分が黙ってさえいれば、何の問題にもならないはずなのだ。
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161212/Myjitsu_013756.html


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA

【な行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(1) | な行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
芸能人がゲイだとしも、大した話ではない
問題はコイツの性的な「素行」の部分
コイツがバラされたくないのは、
複数の金持パトロン捕まえ、
性をカネや遊びに変えてた事だろ
なんかLGBT差別の話にすり替えようとしてるけど
Posted by ま at 2016年12月24日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]