TOPNEWS

2016年11月25日

高畑敦子の豪邸完成に怯える近隣住人!「裕太が来るなんて怖くて仕方ない…」

  

ホテル従業員の女性を強姦したとして猛批判を浴びている高畑裕太。
息子をかばう母・敦子に対しても批判の声が噴出しているが、その高畑敦子の豪邸が完成間近だという。
これに対して近隣住人からは激しい不安の声が…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


高畑裕太(23才)が40代のホテル従業員・Aさんへの強姦致傷容疑で逮捕されてから3か月。母親の「号泣2時間会見」の余韻さめやらぬ中、急転直下で示談が成立し、9月9日に裕太は保釈された。

直後、示談に関与したAさんの知人男性が暴力団関係者だったと報じられ、高畑への“美人局疑惑”が浮上したが、10月、Aさんが『週刊現代』で事件の一部始終を告白。高畑擁護の空気は霧散した。

「裕太は保釈後、埼玉県の精神科病院に入院していました。完全個室で院内にはヒーリングスパも完備。高級ホテル並みの待遇が売りの施設です。入院初日に淳子さんが布団を運び入れる姿も目撃されています。もちろん1泊2万円という入院費用は淳子さんが出しました」(スポーツ紙記者)

再生に向けて歩み出した一家にとって、目下頭を悩ませる問題が「新居」である。高畑は昨年5月、都心の一等地に140平方メートルの土地を購入。上物合わせて2億円という4階建ての大豪邸の建築が着々と進んでいる。

新居は12月末にも完成予定だが、引っ越しを目前にした一家は今、世の逆風に晒されていた。近隣住人が怯えているのだ。

「うちには高校生の娘がいるので、引っ越して来てほしくないです。隣近所に高畑裕太が住むなんて、怖くて仕方がありません」(50代主婦)

「被害者は40代の女性でしたから、正直不安はあります。保釈時のあの目つきもどこか狂気が感じられて…。近所に来られたらたまらないです」(30代主婦)

「閑静な住宅街なので、また何か騒ぎがあってマスコミが殺到するような事態があったらと、心配です」(50代主婦)

不起訴処分とはいえ、一度ついたイメージの払拭は至難である。

「淳子さんも引っ越しについては悩んでいるそうです。“私たちは地域に受け入れられるのか”と。事件の影響で高畑さんのCM起用やテレビ出演は絶望的になり、裕太が穴を空けた仕事の賠償金もこれからです。お金が入り用だし、近所の目もある。今では住む前に売ってしまうことさえ検討しているといいます。もはや何のために建てたのかわかりません」(前出・関係者)
http://news.livedoor.com/article/detail/12324124/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA

【た行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(2) | た行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地域住民に受け入れられるかって、まぁ性犯罪者扱いだからそうなるのかな・・・。
Posted by at 2016年11月26日 00:08
性欲モンスターのアメリカ軍人と大差ない感じになっちゃったな
Posted by at 2016年11月26日 10:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]