TOPNEWS

2016年10月04日

点滴殺人・大口病院の看護師のトラブルがやば過ぎる!内部犯行説がさらに有力に!

    

神奈川県横浜市にある大口病院で発生した連続変死事件。点滴に界面活性剤を混入し、抗うことができない高齢者を次々に死に至らしめるという犯行は、病院に救いや安心を求める人々を恐怖に陥れた。
前代未聞の大量殺人の様相を呈してきた大口病院事件だが、その背景にある看護師同士のトラブルがやば過ぎると話題に… → ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「殺人事件を扱う捜査一課が捜査に当たり、現場となった4階で働く看護師、話のできる状態の患者に重点的な聞き込みが行なわれた。すると今年に入ってから、看護師たちの間でトラブルが続出していたことがわかった。その中で、“あの子が事件について詳しく知っている”と名指しされた看護師もいた」(捜査関係者)

◆ナースステーション内のトラブル
続出したトラブルとは次のようなものだった。今年4月、4階のナースステーションにあった看護師のエプロンが切り裂かれる“事件”が発生。6月にはある患者のカルテ数枚が抜き取られ、8月に入ると、看護師の飲み物に異物が混入される騒動が起きた。異臭に気づいて事なきを得たが、ペットボトルの上部には注射針ほどの大きさの穴が開いていたという。

「一連のトラブルについて、ある男性が横浜市に告発メールを送っていたが、この男性は4階ナースステーションの看護師の夫。エプロンを切り裂かれた被害者で、彼は妻から相談を受けて通報したようだ」(前出・捜査関係者)

告発を受けて、とうとう大口病院が神奈川県警に相談。9月2日には市が定期立ち入り検査でトラブル再発防止を病院側に指示したものの、“犯人”はわからず仕舞いだった。

病院関係者が明かす。
「看護師間にあったトラブルは、院内人事が原因だったと見られています。ある看護師は“勤務評価に依怙贔屓がある”と不満をぶちまけ、“私は差別されている”“あの子は点数稼ぎばかりしている”などの言い争いも起きていた」

そうした中での捜査で事件の鍵を握る人物として浮上してきたのが、ある看護師の名前だった。メディア関係者は、その看護師の自宅やトラブル相手と見られた同僚看護師らの自宅に殺到した。彼女らの姿を隠し撮りするテレビ局もあった。

「4階の看護師たちは、西川さんも中毒死だとわかって以降、マスコミへの対応は一切しなくなりました。“総務部長から絶対に喋るな”と厳命されたようです」(前出・病院関係者)
http://www.news-postseven.com/archives/20161003_453189.html


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【一般ニュースの最新記事】
posted by makoto at 18:00 | Comment(1) | 一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人事の不正が事件の原因なら、やっぱり陰湿で陰険な日本では民事で動く民事警察設立が急務。

民事事件で人生を潰された被害者は日本では多いはず。
Posted by at 2016年10月05日 12:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



話題の注目記事

Powered By 画RSS