TOPNEWS

2016年09月19日

ベッキーが国外脱出!ほとぼりが冷めるまで米国で新たなキャラを模索

 

“ゲス不倫”スキャンダルがいまだに尾を引き“開店休業”状態のベッキー(32)が、ついに日本を脱出するとささやかれている。
米国でダンサーとして活躍中の実妹ジェシカ・レイボーン(31)の元に身を寄せ、英語を一から勉強するというのだ。ほとぼりが冷めるまで海外に脱出し…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「とにかくテレビ界でベッキーの嫌われ方はハンパじゃない。事務所が各テレビ局にギャラの値下げを伝えても完全無視。かつてはGP帯(午後7〜11時)で1本150万〜200万円だったベッキーですが、現在は10万円にしてもオファーが来ない。ベッキーを出演させると視聴者が局やスポンサーにクレームを入れるからです。皮肉にも不倫相手の『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音は注目を浴び続けている。ベッキーの気持ちは複雑でしょうね」(事情通)

海外脱出を決意した要因には所属事務所への不信感もあるという。

「ベッキーはいまだに仕事がないのは事務所の調整不足だと思っているんです。事実、事務所の対応はお世辞にもベストとは言い難く、むしろ悪いお手本として後世に語り継がれる。最近も事務所の公式HPに『イッテQ!』への出演情報が手違いでアップされた。事務所側が来るべき日に用意しておいたものを間違ってアップしてしまった。その結果、またしても痛くもない腹を探られている。ベッキーが不信感を持つのも当然かも」(芸能プロ関係者)

ベッキー本人はこうした状況を受け入れる覚悟で、次の活躍の場として東京五輪に目を向けているという。

「ハーフ顔なのに英語ができないベッキーは昔からコンプレックスを抱えていたんです。米国に行き、消息をくらませることで不倫騒動のミソギとなるし、英語をマスターし、新たなキャラで芸能界復帰を狙っているようです」(事情通)

“あの人は今”にならなければいいが…。
http://news.livedoor.com/article/detail/12005037/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA



【は行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 14:00 | Comment(2) | は行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほとぼりが冷めるどころか、忘れられるわ
Posted by at 2016年09月20日 01:18
あの人は今 にも名前が上がらないんじゃないかな。最近じゃあ同じ事務所のカンニング竹山出てたら あ〜また擁護なんでしょー?と見てしまう。他人にも迷惑かけ続けてるだけだよね。
Posted by ななし at 2016年09月24日 02:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]