TOPNEWS

2016年09月04日

エロ詩吟・天津木村の現在

  

「エロ詩吟」で一世を風靡した芸人の天津木村。
なんでも下ネタに持っていく強引なネタと「あると思います」というフレーズで大人気となったが、予想通り、人気は長く続かず、最近では全く姿を見ることがなくなってしまった。
そんな天津木村の近況は…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


お笑いコンビ「天津」の木村卓寛(40)が29日放送のテレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル」に出演。持ちネタの“エロ詩吟”がきっかけで詩吟界とテレビ界から居場所をなくし、周囲に多くの迷惑をかけたという自身の言動を振り返った。

“個性のない地味芸人”と周囲から評されるなか「何でもいいからキャラが欲しい」と思っていた当時、 ラジオ内で偶然“エロ詩吟”を披露する機会があった。人生で一番の爆笑をとったという木村は、そこからテレビ出演を果たし、2008年頃からブレイク。20万円だった月収も100万円を超え「俺って本当は凄かったんや。めっちゃ面白かったんや」と勘違い。 相方の向清太朗(36)にも厳しく当たるようになっていった。

それでも「もっとうけたい気持ちから、より過激になっていった」という。結果、詩吟の流派から除名され、女性・ファミリー層からの不支持でテレビ出演も激減。さらに息子をかばった父までもが詩吟界から除名された。

どん底となった木村は、家賃24万円のマンションを引越して車も売却。家族を支えるために 大型二種免許を取得してロケバスの運転手と兼業で収入を得ている。
現在は「相手の気持ちを考えない笑いは時に暴力となる」という教訓を痛感。そして 「もう一度はい上がって家族に胸を張って自慢してもらえる人間になる」ことを誓い、 「ちゃんとした詩吟を色々な人に知ってもらえるよう、皆が笑える何かを詩吟でできたらいいな」と決意を新たにした。
ポニチ
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/sponichin_20160829_0126


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA

【た行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(0) | た行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]