TOPNEWS

2016年06月11日

大島優子に取材陣から大ブーイング!大ひんしゅくをかってしまった理由とは…

   

2014年6月にAKB48を卒業して以来、同年公開の映画『紙の月』で第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞するなど、 目下、女優の道を邁進しているAKBの元エース・大島優子。
だが、メディアに対してはいまだに“脱AKBアピール”を行っているようだ。
そんな大島優子に取材陣から大ブーイングの声が… → ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


大島は5月12日、都内・下北沢の本多劇場で同夜開幕の舞台『鈴木おさむ劇場 美幸 ―アンコンディショナルラブ−』のゲネプロを行ったが、
ゲネプロ前にセッティングされた報道陣向けの囲み取材では、毎年6月に開催されるAKBの選抜総選挙について問われると「無関心」を装っていたという。

「大島は『最近、テレビを観ない、いっぱいいっぱいの生活を送っていたので……』と舞台稽古に打ち込むストイックさをアピールしつつ、
『8回目だからそろそろダレてくるんじゃないですかね』と他人事のようにコメント。
推しメンバーについても、とりあえずで劇場に花を贈った武藤十夢を挙げるなど、
AKBと距離を置きたいという思惑がみえみえでしたね」(現場にいた記者)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160604-00010004-bjournal-ent


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA


【AKBグループの最新記事】
posted by makoto at 15:00 | Comment(0) | AKBグループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。