TOPNEWS

2016年06月01日

ベッキーに24時間マラソンオファーも直前で中止になった裏事情

 

ゲスの極み乙女。川谷絵音の離婚発表、そして『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)出演で、年始から勃発した不倫騒動も一応の決着を見せたベッキー。しかし、今後の課題とされる本格復帰に関しては、前進どころか後退するばかりのようだ。
水面下で日テレ24時間テレビのランナーで調整が進んでいたベッキーだが、直前で日テレ側が難色を示しお流れに…
ベッキーが24時間ランナーに選ばれなかった理由とは…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


ベッキーは13日放送の『金スマ』に出演し、不倫とわかっていながら川谷への思いを募らせてしまったことなどを、涙ながらに告白。SMAP・中居正広のリードもあって、謝罪会見でウソをついた部分にも言及し、謝罪に徹した。しかし、これでみそぎが済んだわけではなかったようだ。

「『金スマ』後のベッキーの活動については、相変わらず未定のまま。『世界の果てまでイッテQ!』など3本のレギュラー番組を持っていた日本テレビも、30日に行われた定例会見の際、小杉善信専務が『現場の番組からの復帰はこうしたいとの提案もなく、全て未定です』と、強調しました」(スポーツ紙記者)

「当初、サンミュージック関係者と日テレは、『イッテQ!』の特別企画で復帰することで合意していました。さらに今年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』の出演も、水面下では調整されていたんです。ベッキーが24時間マラソンでランナーを務めるという情報もあり、実際に局内の会議では『“みそぎマラソン”となってしまうのではないか?』などと、議題にも上がっていました。しかし、結局ランナーは林家たい平になり、30日の会見ではベッキーの出演について『未定』と断言されてしまった。日テレを裏切る形でTBSに出演したことは、今後も遺恨を残すこととなりそうです」(テレビ局関係者)

完全復帰に向けて、着々と歩みを進めていたかに見えたベッキーだが、まだまだその前途は多難というほかなさそうだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/11584813/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA


【は行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 14:00 | Comment(1) | は行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地球を救うどころか家庭を壊したからな
Posted by at 2016年06月01日 19:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]