TOPNEWS

2016年05月15日

元文春記者が衝撃告白!ASKA覚せい剤スクープ後の恐怖!

 

11日放送の「水曜エンタ」(テレビ東京系)で、元「週刊文春」記者の中村竜太郎氏が、ASKAの覚せい剤スクープ発表後に感じた恐怖を明かす場面があった。
元文春記者が明かしたASKAの覚せい剤スクープ後に味わった恐怖とは…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


中村氏は、ASKAの覚せい剤使用をいち早く報じたことで有名な記者だ。2013年6月、CHAGE and ASKAによる6年ぶりの復活ライブが中止となったことを怪しみ、2ヶ月もの張り込みをした末、売人が ASKAとの取引現場を撮影したビデオの存在をつかんだ。ASKA本人は薬物使用を否定したものの、このビデオの存在を認めたという。

ASKAに関するスクープは大いに世を賑わせたが、中村氏はその真偽について一抹の不安を感じたという。なぜなら、スクープ公開後も、ASKAはしばらく逮捕されなかったからだ。

中村氏はずっと記事内容が間違いだったらどうしようという不安を抱えていたそうで、「ずっと怖かったですよね、正直ね」と、当時の心境を明かした。いつASKA側から名誉毀損で訴えられてもおかしくない状況であり、「(ASKAが逮捕されるまでは)その恐ろしさがあるんですよね」「そのストレスといったら半端じゃないですよね」と語ったのだった。

結果として、ASKAはスクープの10ヶ月後に逮捕された。中村氏は当時を振り返ると、「『やったー』みたいな感じはまったくないわけですよ。むしろ『あーよかった』って感じですよね」と、本音を漏らしていた。
http://news.livedoor.com/article/detail/11512161/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]