TOPNEWS

2016年05月11日

枕営業発覚!?広瀬すずと大物プロデューサーの怪しい噂が浮上!

 

女優・広瀬すず主演の映画「ちはやふる―下の句―」が公開となった先月29日当日、サプライズで続編製作が発表された。
広瀬が驚きと喜びで号泣する模様は大きく報道されたのだが、その一方で映画関係者の間では「なぜ続編?」と疑問に感じる人も多い。
特段、内容が評価されているわけでもなく、興行収入も目立ったものではない。
にもかかわらず早くも続編製作が決定したのは、広瀬が日本テレビ社員で映画のプロデューサーを務めている人物から異常なまでの寵愛を受けているからだという。 続き
ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


同名の少女漫画が原作で、競技かるたを題材にした「ちはやふる」は二部作として 製作され、3月に「上の句」、そして4月に「下の句」が公開された。映画関係者はこう語る。

「『ちはやふる』はよくある漫画原作の映画で、内容は大して評価されていない。
興行収入に関しても『上の句』が14億円程度で、『下の句』と合計で30億円を目指しているとのこと。
もちろん失敗ではないが、大成功とも言えない数字だ。
特筆すべき理由もないのになぜこんな早い段階で、続編が決まったのか? 疑問に思う人も多い」

続編製作を決めるのあたって大きな存在となったのが、日テレ社員で今作のプロデューサーを務めたK氏だという。
「Kさんの広瀬に対する寵愛ぶりは話題になっています。
もともと『ちはやふる』の主演に抜擢したのもKさんです。
よく現場にも顔を出し、広瀬と仲良さそうにしているところを目撃されています。
続編が決まり、舞台あいさつで涙を流す広瀬の姿を見て、Kさんも一緒に泣いていたとか。
また広瀬と一緒に居たいから、続編を決めたのでは? という疑惑まで出ていますよ」と映画ライター。

広瀬は昨年6月「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)に出演した際、「どうして生まれてから大人になった時に、照明さんになろうと思ったんだろう?」
「大人になって年齢を重ねると共に、本当に声を録るだけでいいの?」などと次々とテレビや映画の裏方スタッフを小バカにする発言を繰り出し、大炎上した。
広瀬に対するそんなバッシングが相次ぐ最中に、映画「ちはやふる」で主演をすることが発表された。

芸能プロ関係者は「広瀬の性格が悪いことは有名で、地元でも嫌われていた。
その結果、彼氏とのプリクラも流出してしまった。スタッフを軽視する発言も素で言っている可能性は高い。
だけどプロデューサーなど権力がある人に取り入る必要性はよく分かっており、上目遣いで甘えるように話している」

広瀬は若干17歳にして、大の大人のプロデューサーを篭絡。見事に映画続編を掴み取った。
http://dailynewsonline.jp/article/1126151/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【は行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 08:21 | Comment(2) | は行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年上の女にやさしくされると興奮する性癖がバレたジャニーズも同じ。
結局みんな同じ。
Posted by at 2016年05月11日 10:45
怖い怖い(゜□゜;ノ)ノ
Posted by at 2016年05月13日 05:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]