TOPNEWS

2016年05月02日

ベッキー「文春への手紙」が大失敗に終わった理由

 

ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(27)との“不倫騒動”で、テレビ番組やCMから消えてしまったタレント・ベッキー(32)が、「週刊文春」(文藝春秋)に胸中告白の手紙を出していたという。その特集記事のタイトルは「ベッキーから本誌への手紙」。
しかしベッキーの思惑とは裏腹にこの行動は大失敗に終わってしまった。
その理由は…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


肝心の手紙は、所属事務所の社長から編集部員に直接手渡しされたそうだ。再三、取材を申し込まれていた「文春」に便箋5枚で心境をしたためたものらしいが、ほかの雑誌社からもテレビワイドショーからも取材は申し込まれていたはず。なぜ、クリスマスホテルデートや正月の川谷の実家訪問、LINEのやりとりなど、2人の交際を先行して報じた「文春」にだけ直筆の手紙を書いたのか? 正直言ってベッキーの心境がわからない。ベッキーが「文春」を認めているということなのだろうか。

また、1月に開いた緊急記者会見では「軽率な行為を深く反省しています」と謝罪はしたものの川谷との関係を、あくまで「友達です」と言い切っていたのに、手紙では「川谷さんへの気持ちはもうありません。文春さんで、奥様が話された記事を読んで、そこで初めて気持ちの整理がつきました」と書いており、ここに来てベッキーは不倫を認めた格好になってしまった。

LINEで「友達で押し通す予定!笑」(ベッキー)「逆に堂々とできるキッカケになるかも」(川谷)「私はそう思ってるよ!」(ベッキー)などと、関係者やファンをおちょくるようなことを言い合っていた2人。大方のファンは「友人関係」は嘘だと思っていただろうが、ベッキーは、会見で一度「友達」と言ったのならば、「文春」にではなく、ファンに向けて「真剣交際だった」と嘘を謝罪すべきだったのではないだろうか。

ベッキーの中では、ファンへの裏切り行為をどう消化しているのだろう。いまさら、川谷から気持ちが離れたと告白されてもファンや茶の間は納得しないはず。清廉潔白、優等生だったベッキーは、今回の「文春」への手紙でますます窮地に追い込まれてしまったような気がする。
http://www.cyzowoman.com/2016/04/post_19862.html


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【は行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(0) | は行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]