TOPNEWS

2016年04月07日

パナマ文書にアグネスチャンの名前!ネットでは「偽善者」バッシングが再燃!

  

世界の大企業や富豪を騒然とさせているパナマ文書の流出。
このパナマ文書にアグネスチャンの名前が記載されていたことが明らかになり、騒然となっている。
ネット上ではアグネスチャンに対する「偽善者」バッシングが再び燃え上がり… → ranking




track.gif
 
PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


歌手のアグネス・チャン(60)が、「パナマ文書」に名前が記載されているとのうわさについて「全くの別人」と、自身との関連を否定した。

パナマ文書とは、タックスヘイブン(租税回避地)への会社設立を代行するパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」によって作成された内部文書の通称。課税逃れを行っていたとされる企業や個人の情報が記載されている。その内容が流出し、世界的に大きな騒ぎとなっている。

そのリストに「Agnes Chan」の名前があがっているとしてネット上で話題となっていたが、アグネスは6日に「私ではないですよ」とのタイトルでブログを更新。「パナマ文書のリストにAgnesChanがある? いやいや! 私とは全く関係ないですよ 全くの別人です。びっくりした!」と否定した。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1627572.html

これに対してネット上では
「本当に別人か?」「チャリティーの金をタックスヘイブンに!?」「やっぱり偽善者」などとアグネスに対するバッシングが再燃しているが…


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【一般ニュースの最新記事】
posted by makoto at 12:02 | Comment(0) | 一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]