TOPNEWS

2016年03月19日

ディーンフジオカ突然の大ブレイクの裏に暗躍する「あの男」のカゲ!

 

NHK連続テレビ小説『あさが来た』の五代友厚役で、「五代様」とすっかり女性を虜にしたディーン・フジオカ。
突然の大ブレイクを果たした彼だが、その裏に「あの男」のカゲが暗躍していると言う。
ディーンフジオカの大ブレイクの裏で暗躍する人物とは…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


彼が突如、日本でブレイクを果たした裏には、意外にもおニャン子クラブやAKB48など多くの人気アイドルグループを生み出した名プロデューサー、秋元康氏の存在があるという。

フジオカの芸歴は04年、香港のクラブで飛び入りでラップを披露していたところをスカウトされたことから始まった。
香港を拠点にモデルとして活動を開始し、翌年には現地の映画に主演として抜擢され、俳優デビュー。
台湾にも活動の幅を広げた。同時に、妻子が在住するインドネシアを拠点に音楽活動もしている。

秋元氏との意外な接点は、フジオカの2歳年下の妹で、現在は台湾でタレント活動する元チェキッ娘メンバーの藤岡麻美。
チェキッ娘といえば、1990年代に秋元氏がプロデュースしたアイドルグループだ。藤岡に近しい関係者は語る。

「藤岡さんと秋元氏は今でも親交があるらしくて、AKBの姉妹グループ、JKT48やSNH48のアジア進出に関して秋元氏の相談役にもなっていたようです。
フジオカと秋元氏の出会いも藤岡さんを通じたもので、秋元氏がプロモーター役を務めて日本へ売り込んだのです」

年齢は30代も後半に差し掛かっているものの、その容姿と語学力、アジアでの実績を受けて、日本の大手プロダクション6社がフジオカ獲得に手を挙げたという。
同関係者は語る。
「秋元氏は男性タレントには興味はありませんが、アジア進出には非常に力を入れているため、 フジオカとのつながりは今後アジアへ展開する上で重要なものになってくるとみているようです。実際に事業展開するには、お金も人材も多くを費やします。
フジオカを通じて海外進出を狙う大手プロダクションと関係を築いておけば、近い将来タッグを組んでより大きな事業も実現できますからね」

俳優だけでなく、クリエイターとしての活動を望んでいるフジオカ本人の意向もあるが、アジア進出に積極的なアミューズが見事フジオカを獲得。
一方で、AKBとは関係のない同事務所に決定したのには、秋元氏の計算も反映されていると広告代理店関係者は語る。

「アミューズも、ミュージカルなど舞台を中心にアジア進出事業に力を入れています。
そして、芸能界の力関係とは一歩距離を置くクリーンな事務所なので、れまでのアイドルプロデュース事業とは違うジャンルで、秋元氏はうまく舵をとっていきたいようです」
秋元氏とフジオカという最強コンビの動向に、業界内の熱い視線が集まっている。
http://dailynewsonline.jp/article/1097283/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【た行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 15:00 | Comment(0) | た行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]