TOPNEWS

2016年03月11日

MayJが女性から嫌われる理由はあの人気女優のせいだった…

 

アナと雪の女王の日本語版主題歌を担当し、紅白にも出場を果たしたMayJ。
歌唱力抜群の彼女だが、なぜかその評価は低く、特に女性から嫌われてしまっている。
その背景にはあの人気女優の存在の影響が…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


当時は、「バッシングの声が頭に入ってきて歌に集中できない時もあった」と語り、いかに自分のスタイルを確立するか、について悩んだという。
しかしネット女子からは、厳しいコメントが寄せられている。女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」に集まっている声を見てみよう。

「May J.は歌唱力はあるのに、心がこもってないように聞こえちゃいます」
「上手いとは思う。でも、カリスマ性はないよね。下手でも、もう一度聞きたいって歌手はいるのに」
「歌は上手いと思うけど、その前に『私、歌上手いのよ。伝わるでしょ?』感が強すぎてなんか無理」
「歌手と言うより、カラオケ名人のイメージが強くて。あと華が無いのが最大の欠点」
「歌が上手い素人さんって感じ。全然歌が心に響いてこない」
「関ジャニの番組で持ち上げ過ぎた印象がある。元々が何枚かCDも出してる歌手であるのに、企画がカラオケの物だったから良くなかった気がする」

最も目立ったのは、May J.の高い歌唱力は認めるものの「心に響かない」という意見だった。
その原因は、まず松たか子(38)が影響しているようだ。

松は、本作で日本語吹き替えを担当し、劇中のキャラクターに扮し「Let it go」を歌った。
そしてMay J.は、エンディングに流れる日本語版主題歌を担当。2人が同じ曲を歌ったせいで両者が比較されてしまい、「松の『Let it go』」の方がイメージが強くなってしまったようだ。
そして、松はキャラクターを声で演じたこともあり、情感があり感動的と思った人が多くいた。
そのため、一方のMay J.は「歌が上手いだけ」と、物足りなさを感じさせてしまったのかもしれない。

そしてもう一つは、「華がない」ことが理由のよう。彼女を一躍有名にしたのはバラエティ番組のカラオケ企画。
そのイメージを強く持っているネット女子が多いことから、「カラオケ上手の素人」と感じている人が多いことが伺えた。
http://dailynewsonline.jp/article/1099652/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA


【ま行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 18:00 | Comment(0) | ま行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]