TOPNEWS

2016年02月15日

ベッキーの実家が酷いことに!これもう、生活どころじゃないな…

 

ゲスの極み乙女・川谷絵音との不倫騒動で芸能活動を休止したベッキー。
優等生キャラだったベッキーが陰で世間をあざ笑うかのような無反省なラインを送り合っていたことで決定的なダメージとなってしまったが、そんなベッキーの実家が大変なことになっているという。
もはや生活どころじゃない、ベッキーの実家の現状→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「ねぇ、ここがあの不倫騒動のベッキーのお家なんですって。記念に写真を撮りましょうよ(笑)」(実家を通りかかった中年主婦たち)

ゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)との不倫が発覚し、ついに芸能活動を休業したベッキー(31)。
「ベッキーさんはいま、両親のいる実家で静養をしていると聞いています。いつも実家に帰るとベッキーさんは両親を近所の寿司屋に連れて行き、ご馳走していました。しかし、今では家から一歩も出ない日もあるようです」(芸能関係者)
 
『週刊文春』が火を点けた 不倫 騒動から約1カ月が経ったいまもまだ、ベッキーに対するバッシングは止まらない。今月2日、本誌記者がベッキーの実家を訪れると、冒頭のような主婦たちの 仰天 会話も耳に入った。実家2階の窓の奥に見えた、外の様子をうかがう女性のシルエットはベッキー本人のようにも見えた――。
http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d22978/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【は行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 18:00 | Comment(4) | は行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【ベッキーって!何で国民から尋常なく嫌われているのか!

】ベッキーって何で国民から尋常なく嫌われているのに、テレビ(バラエティー番組)(ヒューマン番組)(歌番組)(各企業CM)など幅広く起用されているのだようか?
(分析=1)
・新人芸能人や新人ADやテレビに映っていない時のベッキーは業界人であろうとファンであろうと、物凄く大柄で偏屈で自惚れているんですな!
(分析=2)
・分析=1とは間逆で、大物芸能人やベテランADやスポンサーには世間の一般庶民が暴力団(ヤクザ)にゴマをする、志村のコントである悪徳商人が悪徳代官にゴマをすりお饅頭の下にザクザクと小判があり、庶民や農民を虐待、虐殺をする例えが正しいですな!
(分析=3)
・父親サイモン・ベッキーはイギリス人で、日本人と称する母親は実は在日朝鮮人である!
所謂、在日朝鮮人のDNAが入っているから、高校時代やテレ東のおはスタ時代の通学通勤時に痴漢の冤罪のリーダーであったんだな!大人になり有名になっても電車通勤が出来なくなり、車通勤になった途端に、今度は日々のスピード違反(切符を切られず厳重注意)や日常的な悪質な違法駐車が目立ち、取締りの警官にも食ってかかり『あたしを誰だと思っているのよ!』『あっちだったこっちだった止めているじゃない!』『私のは大物のバックがついているんだから!あんたなんか私の一言で首に出来るんだから!』など、仕事を真っ当に遂行している警官に暴言と吐き、政治家や暴力団の幹部を匂わす脅迫ともとれる発言をし、再三再四再五再六の注意にも関わらず全く改善できないので、とうとう神奈川県警も要注意危険人物として情報登録されました。
(登録という表現は語弊があるかな?)
然しながら、ベッキーを起用している車会社最王手の(スズキ)はこれらの情報を提供通報したのにも関わらず、ベッキーの起用は解除せず、今も起用し続けいるのえある!
何故なら、車会社(スズキ)も在日朝鮮人韓国人企業だり、ベッキーの裏社会との繋がりもあり、いくら道路交通法違反の常習者と警官はの暴言や公務執行妨害を犯したとしても、契約解除できない闇裏事情があるんだな!※メガネ市場も同様である!
(分析=4)
(分析=3)同様ににベッキーの日本の生まれ地元の神奈川県は関東有数の在日人が多く、大学の亜細亜大学も創設者から昨今についても在日人が多く存在します。学生のご両親も在日大学である!所謂悪の化身!
Posted by 名無し at 2016年02月15日 20:45
【ベッキーは!本当の最低最悪の在日女の化けの皮が剥がれてしまいましたね!?

】→@ベッキーは有名になる学生の頃に電車通勤でサラリマーマン親爺たちが超キモくて大嫌いを言う理由だけで、何人もの痴漢の冤罪を作り上げて主犯格リーダーで友人関係の間で問題になっていました。
友人の忠告も聞き入れずストレス発散と言う短絡的な理由で何人もの冤罪男性の家庭を崩壊してきている事は知っている人には有名な話ですね!
Aベッキーがテレ東のおっはーで著名になり、電車通いが出来なくなってからは、痴漢冤罪のゲームが出来ずストレス発散ができないからと、今度は度重なるスピード違反や駐車違反などの道路交通法違反の常習者に移行しました。更に酷いのは道路交通法違反を取り締まる警察官に向かって、『おまわり!ふざけんなよ他に駐車している車あるだろうよ!スピード違反だって!他の車も全部取り締まれよ!私を誰でも思ってのよ!芸能人のベッキーなんですが・・・何か!私には政界や大手のスポンサーがいっぱいバックについているんだから、あんたらみたいな下っ端警官なんか私の人脈ですぐ首に出来るんだけど・・・』と、黒社会と言う人脈を悪用して、何度も公務執行妨害で厳重注意を受けていました。
これは嘘の述べていて名誉毀損罪に抵触するとご指摘するファンの方もいますが、実は神奈川県警の交通課にもれっきとした事実で要注意人物として署長にまで報告があがっています。
やはり、ベッキーの父親サイモン・レイボーンさんはイギリス人で、母親智佳子さんは在日朝鮮人ですから在日特有の悪い民族性を受け継いでいるから致し方ないので片付けていいものでしょうか?
Posted by 名無し at 2016年02月15日 20:47
人間って悲しいね〜。自分がどれだけ立派だと思っているのか、誰も傷付けたことがないと思っているのか批判にと揚げ足の取り合い。失敗できないね〜
Posted by た at 2016年02月16日 14:18
>人間って悲しいね~。
>自分がどれだけ立派だと思っているのか、誰も傷付けたことがないと思っているのか批判にと揚げ足の取り合い。
>失敗できないね~

キモッ
Posted by at 2016年02月17日 14:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]