TOPNEWS

2016年02月05日

櫻井翔&松本潤4Pスキャンダルから後継者問題まで…「本当は怖いジャニーズスキャンダル」

 

テレビでは決して報じられることがないジャニーズのスキャンダルをまとめた本「本当は怖いジャニーズ・スキャンダル」が話題になっている。
過去に週刊誌では数多くのジャニーズスキャンダルが報じられたものの、これを後追い報道するテレビは皆無。スキャンダルは黙殺されてきた。
それらのジャニーズスキャンダルをまとめた本の出版に騒然となっている。
「本当は怖いジャニーズ・スキャンダル」
その衝撃的な内容 → ranking





track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


前半は、「第1章 ジャニーズ注目動向」「第2章 メディアとスキャンダル」と題し、事務所内の最新の動きを解説。
注目は、第1章の後継者問題に関するくだりです。
今年82歳になるジャニー喜多川社長の卓越したプロデュース能力を受け継ぐのは誰か、鋭い視点のもと論じています。

第3章以降は、個々のタレントのスキャンダルを写真付きで具体的に解説しています。
ショッキングなのは、国民的アイドル、嵐のセックススキャンダルを詳細に解説した第4章「AYA騒動」。
2010年10月、AV女優のAYAさんが自殺しました。
その直後、「週刊文春」2010年11月11日号(文藝春秋)に「『嵐』を喰った女の告白」という記事が掲載されました。
内容は、彼女が生前語ったとされる、松本潤、二宮和也、相葉雅紀、大野智ら多数のジャニーズタレントとの愛欲の日々の思い出話と交際を裏付ける衝撃的な写真の数々です。覚えている方も多いのではないでしょうか。

本書は、「週刊文春」の記事と併せて、08年に週刊誌に掲載された櫻井翔と松本潤のJr.時代の4P疑惑写真、大野智の大麻3P疑惑写真を振り返り、後者の情報元も彼女だったと述べています。AYAがいかにしてジャニーズタレントたちに食い込んでいったか、彼らとの秘めごとを彼女はなぜ週刊誌に売ったのか、彼女が売った写真とは別に、彼女の意図せぬところで写真が流出したのはなぜか、そして、彼女はなぜ自殺しなければならなかったのか、数々の謎がすべて明らかになっています。ファンには厳しい現実ですが、華やかなジャニーズタレントの闇の一面を語る際、彼女の存在は避けて通れません。

AYA騒動を含めて過去のスキャンダルについて、ファンは「認めたくない」「知りたくない」という思いがあるかもしれません。読むのはつらいけれども、スキャンダルを知ることで、かえってジャニーズタレントへの愛情が深まるはずです。勇気を出してご一読を(サイゾーウーマン)

◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【ジャニーズの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(1) | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当時、AYAと友人関係にあった飯島女史…。嵐4人以外に長瀬やタキツバにも彼女をあてがい、スキャンダルを工作した。彼女を自殺に追いやったのは、言わないでも知る人ぞ知る…ってやつだよ。
Posted by SMAP古参 at 2016年02月07日 02:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]