TOPNEWS

2016年02月02日

【芸能界の闇】ベッキーを休業に追い込んだ「5人の男」の実名

 

ゲスの極み乙女の川谷絵音との不倫問題により休業に追い込まれたベッキー。
好感度タレントから一転、転がり落ちてしまったベッキーだが、そのベッキーを休業に追い込んだ5人の男の名前が取りざたされている。
ベッキーを休業に追い込んだ5人の男とは…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫スキャンダルでタレント休業という窮地に立たされているベッキー(31)だが、不倫騒動を“タブー”にしてしまったのが共演者でもある“5人男”だった。

もともと“好感度タレント”として超売れっ子のベッキーは、多くのレギュラー番組で、お笑い芸人などとコンビを組んでMCを務めている。
テレビ局関係者は「でも、ベッキーの不倫騒動をイジってくれる共演者はいなかった。こういう問題は、触れてはいけない“タブー”にするより、明るく笑える話にした方が当事者もラクになる。
でもそれができる共演者がいなかったのが、ベッキーにとっては不幸だったと思いますよ」とテレビ局関係者は指摘する。

ベッキーのレギュラー番組でコンビを組む芸人といえば、名前が挙がるのがお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」のウッチャンこと内村光良(51)だ。
「内村は、ダウンタウンと同世代。ビートたけしや明石家さんまの世代を除けば、“大御所”と言ってもおかしくない。でも内村には、ベッキーの不倫スキャンダルをイジれないワケがあるんです」(テレビ局関係者)

というのも内村の妻は、テレビ朝日の元アナウンサーで、結婚した時には“不倫略奪愛”と騒がれた。自分のことを差しおいてベッキーの不倫を笑いのネタにするわけにもいかないのだ。「ベッキーにとっては不幸でしたね」(同)

さらに唯一の生放送である「にじいろジーン」で、メーンMCを務めているのが“ぐっさん”こと山口智充(46)だったのもベッキーにとって不幸だったという。

「ぐっさんは、スキャンダルなどの時事ネタを笑いに変えることが大嫌い。吉本所属の芸人は、旬な話題をおもしろおかしくネタにする人が多いが、ぐっさんは全く逆。
男気があって、むしろ共演者を笑いものにするなんてできないタイプだから『ベッキーをネタにするな!』といった態度だったと聞いた」(芸能プロ関係者)

ほかにベッキーの出演番組といえば、「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系、土曜午後7時)や「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系、木曜午後7時56分)などがある。
「志村けんさんは大御所ではあるが、コントに命をかけていて、時事ネタにはあまり興味がない人。
『モニタリング』で共演するブラックマヨネーズ(吉田敬、小杉竜一)は、ベッキーの不倫ネタをイジれるほどのキャリアもない。結局、誰も不倫ネタを笑いに変えられなかった」(同)

ビートたけしや明石家さんまのような大物が共演者にいれば、不倫スキャンダルを笑いにできたのだろうが、実際は共演者がみんな敬遠してしまった。それがベッキーにとって、最大の誤算だったのかもしれない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00000005-tospoweb-ent


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【は行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 14:00 | Comment(2) | は行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【ベッキーは!本当の最低最悪の在日女の化けの皮が剥がれてしまいましたね!?

】→@ベッキーは有名になる学生の頃に電車通勤でサラリマーマン親爺たちが超キモくて大嫌いを言う理由だけで、何人もの痴漢の冤罪を作り上げて主犯格リーダーで友人関係の間で問題になっていました。
友人の忠告も聞き入れずストレス発散と言う短絡的な理由で何人もの冤罪男性の家庭を崩壊してきている事は知っている人には有名な話ですね!
Aベッキーがテレ東のおっはーで著名になり、電車通いが出来なくなってからは、痴漢冤罪のゲームが出来ずストレス発散ができないからと、今度は度重なるスピード違反や駐車違反などの道路交通法違反の常習者に移行しました。更に酷いのは道路交通法違反を取り締まる警察官に向かって、『おまわり!ふざけんなよ他に駐車している車あるだろうよ!スピード違反だって!他の車も全部取り締まれよ!私を誰でも思ってのよ!芸能人のベッキーなんですが・・・何か!私には政界や大手のスポンサーがいっぱいバックについているんだから、あんたらみたいな下っ端警官なんか私の人脈ですぐ首に出来るんだけど・・・』と、黒社会と言う人脈を悪用して、何度も公務執行妨害で厳重注意を受けていました。
これは嘘の述べていて名誉毀損罪に抵触するとご指摘するファンの方もいますが、実は神奈川県警の交通課にもれっきとした事実で要注意人物として署長にまで報告があがっています。
やはり、ベッキーの父親サイモン・レイボーンさんはイギリス人で、母親智佳子さんは在日朝鮮人ですから在日特有の悪い民族性を受け継いでいるから致し方ないので片付けていいものでしょうか?
Posted by 名無し at 2016年02月02日 14:56
いや、周りがいじってくれないせいではなく、自分のまいた種でしょ!

ベッキーは悪くなく、いじらない周囲が悪いという内容を書くのはおかしい。
Posted by at 2016年02月03日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]