TOPNEWS

2016年01月29日

小保方晴子の手記「あの日」の内容がヤバすぎる!特に13章「業火」の内容が…

 

STAP細胞に関する論文の不正問題が大騒動になった小保方晴子。
その小保方晴子が手記「あの日」を発売したが、その内容がヤバすぎると話題になっている。
STAP細胞に関して「仕組まれた」と綴る章もあり、注目を集めている。
そんな中でも特に第13章「業火」の内容がヤバすぎると話題に…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


<第1章>
研究者への夢 研究者を志したきっかけと、大学で細胞の研究を始め、初めての論文を発表するまで

<第2章>
ボストンのポプラ並木 米ハーバード大に留学。ヒツジやマウスの表皮細胞の培養を研究する

<第3章>
スフェア細胞 スフェア細胞という新たな細胞を発見したという論文を発表するも、米科学雑誌には掲載されず

<第4章>
アニマルカルス 理化学研究所・若山教授の下でスフェア細胞の培養実験を繰り返す。細胞名をアニマルカルスと命名

<第5章>
思いとかけ離れていく研究 アニマルカルスから、自力で増殖する幹細胞を生成する実験に成功。若山氏への不信感が高まる中で笹井教授と出会う

<第6章>
論文著者間の衝突 細胞名をSTAP細胞に変更。STAP現象に関する論文の米科学雑誌掲載が決定

<第7章>
想像をはるかに超える反響 論文が発表され、メディアの反響が想像以上だったことに戸惑う

<第8章>
ハシゴは外された 研究不正を叫ばれ、バッシングを受け続ける日々。実験結果に関係のない手違いが原因なのに、若山氏に陥れられたと主張

<第9章>
私の心は正しくなかったのか 調査委員会からSTAP論文にねつ造判定が下される。不服申し立てを出し、それが却下される。報道によるストレスの日々

<第10章>
メディアスクラム テレビ、週刊誌、新聞などに事実でない報道をされ、取材記者に追われる日々にストレスと疲労を溜めていた

<第11章>
論文撤回 米科学雑誌から論文撤回が決定。若山氏によって自分だけが悪人にされたことへの思い

<第12章>
仕組まれたES細胞混入ストーリー 若山氏が自分を不正の犯人に仕立て上げたこと。自身の実験の潔白を主張

<第13章>
業火 笹井氏が亡くなったこと。STAP細胞の再現実験

<第14章>
戦えなかった。戦う術もなかった 再現実験を受け、第二次調査委員会。ES細胞を混入されていたことを知る。理研に辞表を提出

<第15章>
閉ざされた研究者の道 早稲田大学に再提出した博士論文が不合格となるまでの大学とのやりとり


■第13章「業火」文章抜粋
「笹井先生がお隠れになった。金星が消えた。私は業火に焼かれ続ける無機物になった」

手記のこの部分についてネット上では
「なんだこいつ」
「ポエマーか」
「ポエム書いてないで論文書け」


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA


【一般ニュースの最新記事】
posted by makoto at 18:00 | Comment(2) | 一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小保方はスタップ細胞ではなくおそらくES細胞を若月に渡した。若月はその細胞からキメラマウスを作った。キメラマウスの作り方を知っているのは若月のみ。
小保方はスタップ細胞を再現することができなかった。実験室の壁を黄色く塗ってムーミン集めて税金を数千万円使った。
Posted by at 2016年02月07日 23:34
若月ではなく若山でしたm(__)m
Posted by at 2016年02月08日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]