TOPNEWS

2016年01月28日

小保方晴子が逆襲開始!STAP論文撤回までの詳細を手記で暴露!

 

STAP細胞論文の不正問題を巡り理化学研究所を追われた小保方晴子。
「リケジョの星」から一転、犯罪者扱いとなってしまった小保方さんだが、ついに思い口を開き、反撃を開始した。
STAP論文撤回までの詳しい経緯を手記で暴露することに…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


STAP細胞論文の研究不正問題をめぐり、論文を執筆した小保方晴子・元理化学研究所研究員が 手記を出版することが27日、分かった。講談社から出版され、早ければ28日にも書店に並ぶ。 小保方氏がまとまった主張を公表するのは、平成26年4月の会見以来初めて。

同社によると、手記のタイトルは「あの日」。
全253ページで、幼少期から、理研での研究、疑惑が浮上して論文の撤回に至る詳細をつづっている。

同社のインターネットサイト「現代ビジネス」では、内容の一部が公開されている。
それによると、小保方氏は「世間を大きくお騒がせしたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪。
「あの日に戻れたら、と後悔は尽きません」としながらも、論文の執筆過程について、 「一片の邪心もありませんでした」「私は誰かをだまそうとして図表を作成したわけでは決してありません」 などと釈明している。

さらに、「死んでこの現状から逃れられたら、と何度も思いました」と心情を吐露し、 これまで発言を控えていた理由について、 「他の方に影響が及ぶことを恐れ、私からの発信を控えてきました」と説明。
「このまま口をつぐみ、世間が忘れていくのを待つことは、さらなる卑怯な逃げ」だと考え、 本を書く決意をしたことを明かした。

■講談社広報室の話 
「当事者である小保方氏の見解を出版することは、STAP細胞をめぐる混乱の原因究明の上で意義があると考えています」
http://www.sankei.com/life/news/160127/lif1601270018-n1.html


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA


【一般ニュースの最新記事】
posted by makoto at 14:00 | Comment(0) | 一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]