TOPNEWS

2016年01月21日

SMAP飯島マネージャーが残した「最後の言葉」

 

SMAP独立騒動の「首謀者」として窮地に立たされている飯島氏。
独立は失敗に終わり、飯島氏はジャニーズ事務所を去ることが報じられているが、その飯島氏の「最後の言葉」が泣けると話題になっている。
飯島氏が残した「最後の言葉」→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「心配しないで……。5人は変わらずやっていくはず。だからこれからもSMAPを応援してあげてね。今後、私は陰から見守り続けたいと思います。これから当分は仕事ばかりでなかなか会えなかった友人たちに連絡を取って、今までできなかったことをゆっくり楽しむことにします。今後、やりたいことも考えていましたし……」

SMAPの解散騒動に日本中が揺れているなか、ジャニーズ事務所退社を決意したマネージメント室長の飯島三智氏は、親しい友人に電話でこう“別れの言葉”を語ったという。そこには独立はおろか、芸能界での仕事すら諦念したという思いがありありと表れていた。

1月13日のスポーツ紙に踊った「SMAP解散」「メンバー分裂」の大見出し。中居正広(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(41)、香取慎吾(38)の4人は飯島室長についていくと決意し、木村拓哉(43)は事務所残留の意思を伝えられていた。だがその後、木村が事務所と掛け合い4人が謝罪したと報じられている。解散回避へと動き出したSMAP。

誰もが注目するなか、渦中の飯島室長は冒頭のようにグループ存続を信じていたという。

「中居くんら4人はジャニーズ退社を考えていましたが、実は一連の報道が出る前にすでに独立は断念していたのです。また飯島氏も関連会社取締役を辞任。にもかかわらず、こうした独立・解散報道が次々と出てきた。まるで、メンバーの軋轢を煽るかのように……。4人はSMAPを育ててくれた飯島氏についていこうとした。いっぽうの木村くんは『売れたから独立というのは筋が違う』として事務所に残ることを主張した。どちらも恩義を感じながら出した結論。いわば“究極の二択”を迫られたようなものです」(芸能関係者)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160119-00010002-jisin-ent


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【SMAPの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(1) | SMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
変なの〜売れたから事務所から独立って違うと思うならいろんなタレントが独立しつるのは悪いことなのか?赤西みたいのは批判されても仕方ないやめ方だけどね〜でもこんな事務所じゃやめたくなる気持ちもわかるわ!
Posted by at 2016年01月23日 07:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]