TOPNEWS

2016年01月18日

ゲス乙女が解散危機!卑劣な川谷にメンバーたちも愛想を尽かし…

 

ベッキーとの不倫騒動が大問題に発展しているゲスの極み乙女のボーカル・川谷絵音。
謝罪会見を開いたベッキーとは対照的に、公には沈黙を貫いている川谷だが、そんな川谷にゲス乙女の他のメンバーたちが愛想を尽かしているという。
卑劣な川谷の態度に愛想を尽かし、ゲス乙女が解散寸前に…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


人気タレントのベッキー(31)を不倫騒動で非難の矢面に立たせた格好の川谷絵音(27)がボーカルを務める人気バンド「ゲスの極み乙女。」が、解散危機に直面しているという。ベッキーにはCM差し替えなどにより4億〜5億円の違約金が生じる可能性も指摘されるが、川谷も相当の代償を払わざるを得ないようだ。

「もともとゲスのメンバーは全員が個性的で、まとまりがないグループだったんです。そこに起こった不倫騒動で、責任をベッキー一人に押し付けたような川谷の“ゲスな性格”が愛想を尽かされて、解散危機に陥ってます。15日の『ミュージックステーション』生出演が最後になるかもしれませんよ」(音楽関係者)

ゲス乙女は、17日に都内で行うライブのほか、春のツアーも予定されている。それでも「Mステ」最後説が出るほど危ない状態にあるのだという。同グループはボーカルと作詞、作曲を担当する川谷とベースの休日課長の男2人と、ちゃんMARI、ほな・いこかの女性2人の計4人組で、2014年4月にメジャーデビューした。

「メンバーは名前だけでなく、それぞれもかなり個性的な人たちで、悪く言えばわがまま。まとまりがなく、サポートするスタッフは苦労していたんです」と話すあるスタジオミュージシャンは、こう続ける。

「中でも、川谷の女グセの悪さには泣かされてました。彼はデビュー前にシンガー・ソングライターのMとの関係をツイートして問題になったことがあった。デビュー後も次から次へと女性を口説いていた。二股、三股は当たり前。こと女性関係はまさに“ゲスの極み”だった。事後処理するスタッフはたまりませんよ」

今回の不倫騒動で当初は、既婚であることを隠していたことも発覚。その後もベッキーを矢面に立たせた格好で、川谷は書面で「親しい友人」とコメントするにとどめ、自ら語ろうとしない姿勢も非難されている。

「タレント仲間からベッキー擁護論が続出しましたが、これは本人が“言い訳メール”を大量に送っていたからです。ある調査会社のリサーチでは95%以上が“ベッキーが悪い”との結果が出て、好感度が急落。引退危機にまで追い込まれているのに、川谷は逃げまくっている。ネット上でも“卑怯者”といった書き込みが増えてますよ」(バラエティー番組スタッフ)

しかも、2人は釈明したにもかかわらず「卒論(離婚届)を提出するまでくらいなら、会えなくても全然大丈夫」と励まし合い、川谷夫妻の離婚後の再会を約束しているというからあきれる。

前出の音楽関係者も「川谷の不倫騒動で、グループの評判はガタ落ち。いくら音楽的に良くても、音楽番組もCMも今後はスポンサーや視聴者の声が怖くて使えないですよ。もはや、解散危機に追い込まれていると言っていい」と語る。

ゲス乙女は、セカンドアルバム「両成敗」が発売されたばかりで、リードトラック「両成敗でいいじゃない」も配信中。ベッキーとともに“両成敗”の末に禁断の愛を成就させるのか。
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/495170/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【か行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 09:20 | Comment(0) | か行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]