TOPNEWS

2015年12月31日

報ステ後任、最有力候補の安住紳一郎に浮上した悪すぎる評判


古舘伊知郎の突然の報ステ降板に驚きの声が上がっている。
古舘伊知郎の後任にはさまざまな人物の名前が取りだたされているが、中でも最有力候補と言われているのが安住紳一郎アナ。
好感度も抜群の安住アナだが、実はテレビ界では意外すぎるほどの悪評が噴出していると言う。
安住紳一郎に囁かれる悪すぎる評判→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


問題は後任の人事だ。これまでも何度も古舘の降板は囁かれてきたが、そこで取り沙汰されてきたのが宮根誠司説と羽鳥慎一説だった。が、ここにきて一気に浮上してきたのが、TBSの看板アナ・安住紳一郎の名前だ。

たしかに安住の場合、宮根や羽鳥よりも"意外性""注目度"は大きい。本人にとっても、TBSを退社しフリーに転身するには、これ以上のタイミングはないだろう。

だが、この安住起用説に対して顔を曇らせるのが、TBSの現場スタッフたち。しかも、「安住さんが辞めたらTBSの顔がいなくなる」などと心配しているのではない。「あの人に伝統ある報道番組の看板なんて、とても務まらない」と口をそろえるのだ。

「もちろん、アナウンサーとしての技術は評価しています。咄嗟の判断力もあるし、番組司会にあたっては細かくチェックを繰り返す。すごく真面目だと思う。でも、その分すぐにイライラして、ストレスを下の人間にぶつけるんです。だから現場での評判はよくない」(番組制作スタッフ)

安住といえば、『さんまのからくりTV』の"替え歌"コーナーの司会ぶりなどバラエティ番組で注目を集めて人気アナ入りを果たしたが、本人は「報道」志望。バラエティから引っぱりだこのなか、「報道をやらせてほしい」と泣いて直談判したというから、ニュース番組に相当な思い入れがあるのはたしかだ。

しかし、そうしてキャスターに起用された『新・情報7days ニュースキャスター』(TBS)では、安住の"負の面"が露わになってしまった。

「とにかく上層部と視聴者からの評価を気にするんです。『嫌われるんじゃないか』と神経をすり減らしていて、とくに第一回目の放送直前なんて、現場スタッフを次から次へと怒鳴り散らしていた。それを見ていたたけしさんが呆れて『アンタが仕事ができるのはよくわかったから』と諌め、ようやくおとなしくなったということがありました」(同前)

つまり、いくら本人が報道を志向しても「性格上、向いていない」と言うのだ。古舘も多いときには1日600件ものクレームの電話が入り、「そういうときはヘコみます」と語っていたが、「そんなの、安住さんに絶対に耐えられるはずがない」と前出のTBS番組制作スタッフは苦笑いを浮かべる。
http://news.livedoor.com/article/detail/10999030/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【あ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 13:00 | Comment(0) | あ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]