TOPNEWS

2015年12月18日

華原朋美とmisonoが大ゲンカ!「おばちゃん」扱いされた華原朋美がmisonoに突っかかり…

 

華原朋美とmisonoがテレビ番組中に口論を勃発。
「おばちゃん」発言をきっかけにテレビを忘れての本気の大ゲンカを始めてしまったが、その真相をmisonoが明かした。
華原朋美とmisonoの大ゲンカの真相→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


2人がケンカしたのは、2015年10月3日に放送された新番組「音ボケPOPS」(TOKYO MX)でのこと。この日は番組冒頭から、テレビ局ですれ違った際に無視したかどうかをめぐる口論が起きた。

「この間、無視された」「ガムをクチャクチャ噛んでて」と主張する華原さんに対し、misonoさんは「いま音楽番組に出ていないから、会う機会がない」「ガムは食べない」と反論。「会ったもん」「ウチじゃなくないっすか?」「結構前だよ」...と噛み合わないやりとりが続いた。

口論は一旦休止したが、別のエピソードで食い違いがあったり、華原さんが無視するような場面があったりと、第1回目の放送でありながら穏やかでない展開となった。

一体なぜこんなことになったのか。12月6日放送の「旅ずきんちゃん」(TBS系)では、misonoさん本人がその真相を語った。

misonoさんは番組スタート直後、司会を務める華原さんが大谷ノブ彦さんに絡みまくる様子を見て「え?こんなに、おばちゃん感強かったでしたっけ?」とツッコミを入れていた。すると華原さんは顔をゆがめ、「これヤバいね、ヤバいよこれ」とmisonoさんを指さし、「この間、他の局で会った時めっちゃ無視したよね?」と反撃に出たのだった。

言わばこの「おばちゃん」発言がすべての元凶となったわけだが、misonoさんはそれを認めつつ、こう弁解した。

「朋ちゃんってめちゃくちゃ可愛いじゃないですか。今でも可愛いし、歌も上手いし。うちの中では、あの可愛い朋ちゃんのイメージだったんですよ。なのにオープニングトークがすっげーオバちゃんみたいに喋ってたからビックリしちゃって『そんなおばちゃんみたいでしたっけ?』って」

misonoさんは続けて「褒めたんですよ」と振り返り、
「可愛い感じを褒めるために『オバちゃん』。『うちのイメージすげー可愛いイメージですけどねー』って話したら、その一言目に『っていうか、こないだ無視したよね?』みたいなかんじで」と、華原さん側が突然怒ったことをほのめかした。

だが、華原さんは現在41歳。一般的にもこの年ならば、冗談めかしてとはいえ「オバちゃん」と言われていい気持ちはしない。華原さんは芸能活動を数年間休止した末に復帰していることもあり、見た目に対する評価には敏感になっていたかもしれない。
http://news.livedoor.com/article/detail/10923251/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【か行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 14:00 | Comment(1) | か行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
くだらねえ。
Posted by at 2015年12月21日 14:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]