TOPNEWS

2015年11月07日

オダギリジョーが受けた屈辱

 

個性的な魅力で人気の俳優・オダギリジョー。
そのオダギリジョーが人気絶頂だった時期に受けた衝撃的な屈辱が話題になっている。
オダギリジョーが受けた屈辱とは…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


スポンサーが降りるきっかけを作ったドラマもある。「LADY〜最後の犯罪プロファイル」(11年・TBS系)の平均視聴率は、8.7%。

「長年にわたって同枠のスポンサーを担当していた有名企業がこの作品をもって撤退。その理由が、主役の北川景子がライバル企業のイメージキャラクターだったからと噂されました」(スポーツ紙放送担当記者)

12年に放送された「家族のうた」はフジテレビとしては87年以降、初の打ち切りの屈辱となった。テレビ誌編集者が解説する。

「主演のオダギリジョーは、人気絶頂時に遊びまくっていたミュージシャン役。落ちこぼれたところに突然、娘を名乗る子供が3人も現れるという設定のホームコメディでした。しかし、これが87年に田村正和が主演した『パパはニュースキャスター』(TBS系)にそっくりで、登場する犬の数までも同じ(笑)。『パパは──』の脚本家、伴一彦氏がツイッターで類似点を指摘したことで、騒動が勃発しました」

TBSからの抗議を受け、フジは盗作こそ否定するも、「認識不足だった」と、設定変更を約束。スポーツ紙放送担当記者が明かす。

「撮影現場は台本の書き直しなどで大混乱に陥り、制作発表会見が行われない有り様。スタッフはスポンサーへの説明と対応に追われた。この枠はバラエティ番組『あるある大辞典』でもヤラセ騒動から打ち切りとなり、迷惑をかけましたが、またか‥‥です」

ケチが付いたままのスタートだけに、初回視聴率が6.1%。翌週から3%台に急降下し、第4話でゴールデンタイムでは信じがたい3.1%を記録した。
http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_3569/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【あ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 14:00 | Comment(0) | あ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]