TOPNEWS

2015年10月20日

10歳で月収3000万!人気子役・内山信二の大人顔負けの豪遊過去!

 

「あっぱれさんま大先生」に出演し、憎めないキャラでたちまち人気者となった子役の内山信二。
その内山信二がピーク時の月収を告白。
10歳で3000万のギャラをもらっていた過去に驚きの声が上がっている。
さらに大人顔負けの激しい豪遊ぶりも明らかに…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


お笑いタレントの内山信二(34)が、11月2日放送のテレビ朝日系 『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル』に“人生のピークが早過ぎちゃった先生”として登場。

そこで明かされるのは、子役として人気絶頂だった10歳のときの最高月収、なんと3000万円。 週5日は高級焼肉店に通っていたというオトナ顔負けの豪遊っぷりと、わずか6年後の16歳で月収ゼロに落ちぶれるまでをテレビで初告白する。

6歳のとき人気バラエティー『あっぱれさんま大先生』 (フジテレビ)でデビューし、瞬く間に人気者となった内山は、その時点でいきなり“人生の6合目”までのぼっていたと振り返る。

当時所属していた事務所はギャラを手渡しする方針だったため、 内山は小学1年生にして自分がどれだけ稼いでいるかを把握。
ここから金銭感覚の崩壊が始まり、両親に対しても「僕、アンタたちより稼いでるんですけど!」 と暴言を吐くようになったと打ち明ける。

しかし、小学4年生、10歳で“頂上”に達した内山の人生は、そこから下り坂に。
それは、内山が子役にとってもっとも恐ろしく、避けて通れない重要な事実を見落としていたからだと激白する。
はたして、その恐怖のしくじりとは…!?
http://www.oricon.co.jp/news/2060905/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【あ行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 22:00 | Comment(0) | あ行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]