TOPNEWS

2015年10月06日

中森明菜が近藤真彦に抱き続ける「積年の恨み」


体調不良で芸能活動を休止していた中森明菜。
一時は歩行も困難なほど弱っていたという中森明菜だが、ここに来て体調は上向きに。
体力さえつけば芸能活動再開も視野に入れているというが、その中森明菜が近藤真彦に対していまだに抱き続けている積年の恨みがあるという。
中森明菜が抱く近藤真彦への恨み → ranking



track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


1989年に当時恋人だった近藤真彦の自宅で自殺未遂をした中森明菜。
「その年の大晦日、明菜はジャニーズ事務所から『婚約会見だから』と言われて、金屏風のある会見場に向かったら、結局、その場はマッチ同席の謝罪会見だった。
それがショックだったのです」

明菜本人から相談を受けた友人が語る。
「当時売れっ子だった明菜は、マッチに多額の金品を貢いでいました。
で、ある時、マッチから『将来2人が住むマイホームにうってつけの土地がある』と持ちかけられ、8000万円渡したというのです。」
しかしそれは未だに返済されておらず、明菜はいまでもそのことを根に持っているんです」

この件について、近藤は過去の取材に「自分のマネージャーがやったこと」と責任転嫁している。(週刊文春)


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA

【な行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 12:00 | Comment(0) | な行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]