TOPNEWS

2015年10月02日

肉体派大物タレントと有名俳優が薬物逮捕!ネットでは「武井壮」「伊藤英明」「金子賢」の名前が浮上

 

芸能界に深く根ざしている薬物汚染。
多くの大物芸能人がその誘惑に負け、逮捕されてきたが、現在、警察当局がマークしている薬物逮捕極秘内偵リストを東スポが独占入手したと言う。
そこには大物芸能人の名前が続々と記され…→ ranking


 
track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


毎年必ずといっていいほどニュースになる芸能人の違法薬物逮捕。
もちろん、当局は捜査の手を緩めるつもりはなく現在もターゲットを絞って極秘に捜査・内偵を続けている。
秋の風が吹き始めた今年も、ここまでの有名人逮捕者で“打ち止め”とはならなそうだ。

「まだまだ逮捕者が出る可能性は十分にある。当局は連日連夜、粘り強く捜査を続けている。 もちろん、たとえビッグネームでも、そんなことは関係なくやるつもりだ」と捜査関係者。

捜査当局は、いったい誰をマークしているのか? 本紙が入手した情報では、アッと驚くような大物の名前がズラリと並んでいた。
それぞれのXデーが来たら、衝撃度はASKA逮捕時に勝るとも劣らない。

まずは肉体派系タレントのXだ。
「つい最近もXが逮捕間近という情報が流れ、多くのマスコミが一斉に動く事態に発展した。 Xに関しては噂が絶えず、当局もずっと狙っている一人だ」と前出関係者。

実はXについてこんな情報も飛び出している。
「最近になってXと仲の良かった者が、刑務所から出てきたのです。
違法薬物で実刑判決を受けていた人間で、いろいろとXについても話しているというのです。
これによりXへの“包囲網”が、以前にも増して狭まっている。
当のXは自分が置かれている状況をわかっておらず、毎晩のように飲み歩いているそうです。 当局はX逮捕に向けてかなりの裏付けを取ったようだ」と芸能プロ関係者。

次に名前が出ているのは、有名俳優Y。
以前から、このYには薬物疑惑がささやかれていたが、あくまでも疑惑のままで、これまでに逮捕歴はない。
ただ、その疑惑のせいで、主にテレビでの露出が一時よりグッと減ったことは事実だ。

「Yの交友関係を洗うと、違法薬物にかなり近い人物も出てくる。Y本人も疑惑を払拭できているとは言えず、今も内偵は続いている」と別の捜査関係者が語る。
事実、当局はYの行動確認を続けており、証拠固めに余念がない。

また大物俳優Zもここにきて“要注意人物”として急浮上しているという。表面化してはいないが、問題行動を起こしていたというのだ。
事情通によると「今年に入って、街中で意識もうろうとしているところを警察に保護されたと聞いています。 その時は違法薬物を使用していたのではなく、睡眠薬か精神安定剤など合法の薬物だったようで、問題なしということになったようです 。
ただこれをキッカケに、Zの“身辺調査”が内々で開始されることになったようです」。
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/452394/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 12:00 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]