TOPNEWS

2015年09月15日

小向美奈子の刑務所での生活が悲惨すぎる


今年4月に東京地裁で言い渡された判決は懲役1年6か月。
現在は栃木刑務所に収監されているとみられる小向美奈子だが、その小向美奈子の刑務所での生活ぶりが悲惨すぎると話題になっている。
小向美奈子の悲惨すぎる刑務所での生活ぶり…→ ranking



track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


都心から車で2時間ほどの場所にある栃木刑務所は、女性受刑者を専門に収容する施設。
小向と親しい知人は、中での様子をこう語る。

「芸能人ということで、慣例では独居房が割り当てられることになっていたのですが、 『1人は勘弁して欲しい、(複数の受刑者と生活をともにする)雑居房に入れてください』と直訴したそうです。 いじめに遭うリスクよりも、人と話せないストレスが怖いみたいで。今、面会は家族しかいけませんが、淡々と服役生活を送っているようですよ」

調べたところ、栃木刑務所には700人ほどの受刑者がおり、基本的に1日8時間、週40時間の労役が課される。 小向は現在、ボールペンや弁当箱の組み立て作業にあたっているようだ。

「栃木刑務所は入管が近く、中国人受刑者が多いようです。中国人の“先輩受刑者”に作業を教わったり、 日本語と中国語を教え合ったり、案外うまくやっているみたいですよ」(前出の知人)

受刑者には報酬は支払われるが、その金額は雀の涙だ。等級に応じて支払われるものの、「10等工」と呼ばれる新入りの小向の場合、時給にして6円10銭ほどと推定される。自業自得とはいえ、この金額の安さは驚きだ。
http://nnews1.com/archives/42505776.html


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【か行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 07:55 | か行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする