TOPNEWS

2015年09月10日

誰も気づかなかったドラマ「デスノート」が犯した致命的なミス

  

前回の第10話では父親をも殺し、ますます暴走するライトだが、その本編で致命的なミスがあったことが話題になっている。
ドラマ「デスノート」が犯した致命的なミス→ ranking

いよいよ佳境に入ったドラマ「デスノート」
  
track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


9月6日に放送されたドラマ「デスノート」(日本テレビ系)第10話の視聴率が11.4%だったことがわかった。同ドラマの放送後、本編での致命的なミスがネットで話題になっているという。

「ドラマの中で、佐野ひなこ演じる弥海砂の手書きで書かれた“心臓麻痺”という漢字が間違っていたのです。同ドラマは過去にも窪田正孝のシーンで、ノートに書かれた人物の名前の『潟』という字を間違えるなど、たびたび誤字が指摘されている。例えばこれが一般的なドラマなどの手紙ならば、大きな問題ではないのですが、『デスノート』では書いた名前や状況指定がそのまま死に反映されるという設定のため、“漢字を間違えても人が殺せるのか”と、視聴者からは批判の声があがっているようです」(テレビ誌記者)

その他にもネットでは「スタッフはなぜ気がつかない?」「このドラマ、ツッコミどころが多すぎる」「ここで凡人設定を入れてくるとは」と様々な意見が飛び交っているようだ。

今期、多くのドラマが視聴率的に苦戦している中、「デスノート」はここのところ2桁台をキープしている。今回の誤字騒動を含め、一部の視聴者はツッコミ所満載な部分も楽しんでいるのかもしれない。
http://www.asagei.com/excerpt/43199


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA


【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする