TOPNEWS

2015年09月10日

篠田麻里子はAKBクビだった!?運営が問題視した篠田麻里子の「悪癖」とは…

  

2013年にAKBを卒業した篠田麻里子。
表向きには自ら決断した「卒業」ということになっているが、実は運営側からクビを言い渡されていたと言う。
篠田麻里子の悪癖を運営が問題視し…→ ranking




track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


「2013年6月に行われた選抜総選挙で『1つの決断をしようと思いました』と卒業宣言し、翌月のコンサートをもってグループを卒業した篠田ですが、実は運営サイドから解雇を通達されていたんです。
前年の総選挙では、後輩たちに向かって『潰すつもりで来てください』と見栄を切り、『心強い後輩が出てきたならば、私は笑顔で卒業したいと思っています』としていた篠田ですが、その翌年にあっさりと卒業してしまった原因は、ほかならぬ“クビ”だったためです」(AKB運営関係者)

篠田といえば、グループ在籍時代からファッションに携わる仕事をし、12年には自身のブランド「ricori」を立ち上げたが、昨年8月に閉店した際には「去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です」と、まるでひとごとのようにコメントしたことが炎上に発展している。

グループ加入にあたっては、オーディションに落選したものの、その後秋元康氏から直接引き抜きを受けるという“シンデレラ・ストーリー”を地で行った篠田だったが、なぜ人気メンバーから一転してクビになってしまったのか?

「当時篠田は、運営サイドの上層部、それこそ秋元氏から窪田康志AKS前社長まで、トップ陣営とも連絡を取り合ったり、食事に行くほどの仲でした。
しかし、そこで彼らがついしゃべってしまった機密事項を、篠田はほかのメンバーやスタッフに言いふらしてしまったそうなんです。
そのことが問題視されるようになり、何度か篠田本人も注意を受けたようですが、その悪癖に改善はなく、所属のサムデイや直属のバーニングプロダクションとも調整を行った結果、強制的に卒業させられることになってしまいました」(同)

今回の10周年イベント開催の発表にあたり、篠田はTwitter上で「ラインニュースで知る(笑)」とツイートしていたが、実質的にクビという形でグループを去っていた篠田だけに、出演決定報道はファン以上に意外だったのかもしれない。
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150909-00010001-cyzowoman


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【AKBグループの最新記事】
posted by makoto at 14:00 | AKBグループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする