TOPNEWS

2015年07月27日

木村拓哉の勘違い態度に冷めた声が続出!稲垣吾郎をバカにした態度に批判の声も…

  

27時間テレビでの木村拓哉の態度に批判の声が多数上がっている。
番組内ではさまざまな競技で対決をしたSMAPだが、その際の木村拓哉の態度にネット上では冷めた声が…→ ranking


  
track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


コーナーでは「水上騎馬戦」や「手押し相撲」「競泳リレー」と競技を展開。結果はSMAPチームが敗北。罰ゲームとして、負けたチームの代表1人がバンジージャンプをすることになった。

高い所が苦手で「ジェットコースターにも乗れない」という稲垣吾郎(41)が推薦されるも、「無理です。本当に無理です」と拒否。さらに香取慎吾(38)が「吾郎ちゃんが小さい声で、ボク死んじゃうって」と言うと爆笑が起こった。

すると、木村拓哉が手を挙げ自ら罰ゲームに立候補。
「吾郎が本気の目で、木村君いってくれる?(と言うので)」と打ち明けると、プールは大きな歓声に包まれた。

稲垣吾郎の身代わりになることで“男気”をみせた木村拓哉。この行動にネット上では、
「はいはい木村カッコいいカッコいい」
「自ら手を挙げるのがカッコいいと思ってるからな」
など、冷めた意見も殺到した。

番組は罰ゲームへと続き、バンジー台に登った木村拓哉はスタジオの明石家さんま(60)と会話。「なんで木村が(飛ぶの)?」と明石家さんまに聞かれると「まぁ、流れ的に。どうしても(稲垣)がダメだということで」と返答。これに明石家さんまは「木村はいつも吾郎ちゃん助けてるよなぁ」と感心した。

さらに、木村拓哉は「あの、オジキ(明石家さんま)。今から飛ぶんで、ちょっとメッセージだけ言わせてもらっていいですか?」と言い「えー、明日(さんまの舞台の)千秋楽おめでとう」と明石家さんまに伝え、あっさりとバンジージャンプを決めた。

この罰ゲームの流れに呆れた視聴者は多く、「アホくさ」「なんだよオジキって」「怖がりもしない人間飛ばす意味あんの?」「全然バツゲームじゃない」「キムタクの好感度が上がるだけなのに罰ゲーム?」との書き込みが相次いだ。

「全てが完璧」という印象ゆえ、アンチも多い木村拓哉。が、常に「キムタク像」を壊さないように立ち振る舞う姿は、まさに大スターと言っても過言ではないだろう。
http://news.livedoor.com/article/detail/10393611/


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【ジャニーズの最新記事】
posted by makoto at 22:00 | ジャニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする