TOPNEWS

2015年07月20日

芥川賞選考委員が意味深発言!又吉の「火花」が選ばれた理由とは…


処女作がいきなり芥川賞に選ばれたピースの又吉直樹。
又吉の芥川賞受賞については祝福と疑問と双方の声が上がっているが、そんな中、芥川賞の選考委員の一人が「火花」が選ばれた理由について意味深な発言をし、波紋が広がっている。
芥川賞選考委員が明かした「火花」が芥川賞に選ばれた裏事情 → ranking



track.gif

PICKUPNEWS
Powered By 画RSS


お笑いコンビ、ピース又吉直樹(35)の小説「火花」が16日、第153回芥川賞(日本文学振興会主催)を受賞した。都内で選考会が行われ、羽田圭介氏の「スクラップ・アンド・ビルド」とともに受賞を射止めた。お笑いタレントの同賞受賞は初めての快挙。

1回目の投票でトップの票を獲得しての堂々たる受賞だった。9人の選考委員を代表して会見した作家山田詠美氏は「どうしても書かざるを得ない切実なものが迫ってくる。欠点も多々あるが、何か強いものを感じて、主人公と先輩とのまさに火花がよく書けていた」。選考委員からは「1行1行にとてもコストがかかっている」と評価する声もあったという。

お笑いタレントとして初の快挙に、山田氏は「その人の職業については、選考会ではほとんど出なかった。どんな世界も小説にする普遍性を選考委員の先生方は読み取ったと思う」。又吉が敬愛する太宰治や、山田氏も受賞できなかった芥川賞。初の作品で射止めた又吉に、山田氏は「又吉君うらやましい」と笑顔で祝福した。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1508195.html


⇒山田詠美さんのインタビュー全文はこちらから


◆人気芸能人の消したい過去ENTAMERANKING

◆芸能界の危ないうわさGEINOU UWASA
【ま行の芸能人の最新記事】
posted by makoto at 16:00 | ま行の芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする